ヌルッ、広い、人が少ない、オススメ日帰り温泉「大江戸温泉物語ホテル木曽路」

旅行

「温泉、入りたいな〜」

正月からはじめての休みに、真っ青な空、ポカポカの良いお天気、

雪を頂いた3000メートル級の山が美しい!

大好きな信州へ向かいました。

日帰りで温泉へ入ってきました。コロナになってから初めてです。

 

 

スーパー銭湯は立派なものがたくさんあるものの行く気がしません。塩素臭い!

そこでホテルや旅館の日帰り入浴から選びます。

 

 

でも我ながら注文が多い!

選ぶ基準は以下の条件。

 

1、湯量が豊富で、できれば源泉掛け流し

湯量が少ないのに大きな施設を作りすぎてお湯を循環させるから塩素臭くなります。内風呂なんかむせるほどの所もあり、温泉なのに肌が荒れます。

2、泉質がぬるっとしている、香がよければなお良い

3、人が少なくて混まない

便利がよくない所、入浴料が500〜600円が多くそれより高いと人は少ない

4、清潔感がある施設

5、遠くないところ

 

条件をつけたら行く所がなくなってしまいます(笑)

 

 

思いついたのが中山道妻籠宿の奥「大江戸温泉物語、ホテル木曽路

 

今は大江戸温泉物語の一つになりました。

 

まだ雪が残っていました。山の中ですから、人も少ないです。

 

 

毎年なら1月にこんな山の中へは来る気にもなりませんが、今年は暖かいです。

 

妻籠の少し奥にある「ホテル木曽路」

 

 

清潔感ある温泉の入り口 タオルを持って行けば、入浴料¥870

 

パウダールームはそのまま温泉へつながっていて広々しています。30分ほど入っている間にもスタッフさんが足マットを交換されていました。

 

温泉の湯船も広い。露天風呂との境のガラスは気候の良い時は全部開けられる独特の設計です。とても気持ち良い〜〜

 

温泉の湯船も8畳間ほどあります。

源泉掛け流しではないものの、泉質はヌルッとしていて、肌がスベスベになります。

女性風呂が檜、男性の方が石でできています。

露天風呂も広い庭園になっていて、滝は熱い温泉が絶え間なく流れていて熱いほどです。

庭にサウナもあります。

 

女性風呂は檜、湯船が古くなったので上底で新しい木になっていました。

 

男性風呂は石造り。写真が撮れないので、ホテルの案内板より

 

 

「ホテル木曽路」はこの裏山を採石業者が掘っていたところ、良質の温泉が噴き出してホテルができました。

そこで施設は大きくてゆったり、贅沢に造られています。

もちろん、源泉はこのホテル独り占めです。

 

 

中央道中津川インターから30分ほどで行けて妻籠宿も情緒があって漆器や栗のお菓子屋さん、地元色豊かな風情を楽しめます。

以前はお客様とランチ&日帰り温泉、個人的にも時々行っていました。

でも採石業者が倒産、しばらく休業した後、大江戸温泉物語が買収したので行かなくなってしまいました。

 

吹き抜けになっているラウンジからは星空鑑賞もできます。

 

この山を越した東側が、日本一星空が美しいと言われる阿智村、昼神温泉です。

 

 

「あー気持ちよかったー」

 

 

 

品格の教科書」は全国の書店さん、

またはアマゾンで手に入ります。

 

 

 

 

山本由紀子

384,672 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。