• HOME
  • ブログ
  • 着物
  • 「着やすくてどんな場所にも着ていける着物が欲しい」という方にオススメです☆お召の着物

「着やすくてどんな場所にも着ていける着物が欲しい」という方にオススメです☆お召の着物

着物

岐阜からお客様、Sさまが来てくださいました。弘道館で5回シリーズで行なわれているお香の講座に行かれた帰りです。お香は着物でも礼装、訪問着などを着ていくのが正式です。

「優しい色だけど写真に写るとしっかり色が出るのね」織りの訪問着に組の袋帯(帯〆の太いもののような製造法をする帯)です。

 

Sさまの着物は「有職」の着物です。「有職」(ゆうそく)とは平安時代に貴族が着た十二単の技法を用いた訪問着です。裾の方に散りばめられている柄は「有職文様」と言って貴族の着物や調度品に使われた伝統的な文様です。

 

 

せっかく来ていただいたのでSさまにも1枚着物を着ていただきました。

 

 

Sさまは長くお香を嗜んでおられているので訪問着や色留袖を着られることが多く、色も濃い色が多いということで秋らしいけど薄めの色でもう少し気軽に着られる「お召し」の着物を着ていただきました。

生地に「福叶」織り柄があります。わかりますか?

 

お召しは表面に縮緬のような凹凸があります。縮緬との違いは縮緬は白い糸のまま織って生地にした後染める(後染め)に対してお召しは糸の時に先に染めてから織る(先染め)の着物です。一般に先染めの着物の代表は紬で、普段着とされています。先染めでも「お召」は江戸時代に11 代将軍、徳川家斉がお召しを大変好み、大名が登城する時も裃に合わせて着たことから礼装にも着られる着物とされています。

 

裏は刺繍糸が出たように見えます。これも織り込んであります。

 

お召しの中でもこれは「縫取りお召」で細かい飛び柄は刺繍したように柄が織り込まれています。

着ていただいた写真でもわかりやすいと思いますが生地はサラッとしていて張りがあります。お召しの製法の特徴として縦糸に強い撚り(ねじってある)がかけてあるからです。シャキッとしてとても着やすい着物です。

 

縮緬の生地に染めた「今日紅型」です。柄のはっきりしたところがお太鼓になります。柄付けが長いので自分で結ばれても柄を合わせる必要がなく結びやすいです。

 

栗山吉三郎さんの工房の名古屋帯です。

 

 

このように染めの名古屋帯を負わせればお食事会などのいわゆるワンピースを着て出かけるような場面にいつでも着られます。

 

格のある色柄の袋帯を合わせれば結婚式にだって着ていけます。毎日が着物を着ていた時代の格付けを現代に持ち出すこと自体が間違っていると思います。着物を着ていくだけできちんと感がありますので大丈夫だと思います。

そう考えると「どんな時にも着られる着物が欲しい」という方には着やすくて場所を選ばない「お召」の着物はオススメです。よろしければ山兵、京都さろんで試着してみてくださいね。

 

京都にいると問屋さんやメーカーさんが近くにあります。そんなところもまたご案内するツアーなどもやりたいと思っています。

 

ーー * ーー ただいま募集中のイベント ーー * ーー

* 「名残りの川床」で京料理を食す

・とき   9月 19日 (水)    昼   11時   山兵さろん 集合  15時 現地解散

21日  (金)    昼   11時   山兵さろん 集合  15時 現地解散

23日  (日)      昼   11時   山兵さろん 集合  15時 現地解散

夜   16:30 山兵さろん集合    20:30  現地解散

28日 (金)     昼   11時  山兵さろん集合     15時 現地解散

夜   16:30    山兵さろん集合     20:30  現地解散

30日  (日)    昼   11時  山兵さろん集合      15時 現地解散

夜   16:30    山兵さろん集合      20:30  現地解散

+ 上記の日にちはご案内できますので、ご検討ください。

+ お申込みはお2人以上でお願いします。

+ お申込みの締め切りはイベント当日の4日前までにお申込みフォームからメールを入れてください。

+ 雨が降った場合は室内になりますのでご了承ください。

・ 会費   昼  ¥  8、000

夜  ¥ 12,000

*山兵、京都 着物を自分で着ようきもの部活、募集!

[基礎編]

水曜日の午後1:30 〜 3:30   その後ティータイム 30分

9月26日(水) 10月14日(水) 11月14日(水) 28日(水)  12月5日(水)  19日(水)

最大限  3名までの個人レッスンです。

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

会費        18000円    (6回分)

* [基礎編]の後も個人の進行具合に合わせてお稽古を続けられます。

お申し込みはこちらのフォームに書き込んで送信してくださいね。

* ゆっことお話し会・着物体験付き

山兵、京都のさろんでゆっことお話し会をしましょう。
着物の話だけではなくその時々の雑学を含めてどんなお話になるかは来てくださった方次第、話の成り行き次第です(笑)「とっても居心地がいいね~、いつまでも居たい感じ」と来てくださった方が皆さん口を揃えて言われる「秘密のお部屋」でお茶しながらゆったりした時を過ごしましょう♪ もちろん着物体験もできますよ(^^)
● とき    9月24日(日) 14時~16時
       10月16日(火) 14時~16時
        21日(日) 10時30分~12時30分
                14時30分~16時30分
     11月24日(土)  14時~16時
     12月11日(火)  14時~16時

● 場所  山兵、京都さろん
● 会費  1000円
着物に関するお話でなくても美味しいお店のお話しや経営のお話しも大歓迎!楽しくお話できて一緒に元気になれればいいですね。楽しい時間を過ごしましょう🎵

 

山本由紀子

134,815 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。