着物はじめの男性にも江戸小紋

きもの男子

少しシャキッとした先染め、お召や紬に対して、後染め、いわゆる小紋(白生地を織ってから染める)は柔らかい印象になります。

 

少し以前までは小紋を男性が着るのはちょっとニヤけた感じになるのではないかと私自身も思っていました。

趣味で落語をやっていらっしゃる友人、と言っても吉本そこのけの上手さなのですが江戸小紋を着たい、と言われます。そういう趣味や着物を着こなした方、柔らかいイメージを好む人でない限り、男性に小紋はちょっと?と思っていました。

ところが最近テレビでジャニーズや若手の俳優さんがとても素敵に着ていらっしゃるのを見ると帰ってこれもアリかと思っています。

男性が小紋を着られる場合には、江戸小紋などの細かい柄で似合う色をスーツ感覚で選ばれると素敵です。

 

そう思って江戸小紋を見ていると、細かい柄で色もシックなものがたくさんあります。

 

例えばこのような細かい柄は遠目に無地に見えますが、近くへ寄ると「へー〜〜」っとため息が出そうです。

こういうのが着物のオシャレなんですね。

多彩な表現ができます。

 

おしゃれな柄を見いて私も着たくなっちゃいました。

女性用に仕立てることもできます。幾何学チックな帯をコーディネートしたら綺麗かな、なんて思いました。

また同じテイストで男女ペアで着るのもオシャレですね。

 

今年こそ、「きもの男子」挑戦してみませんか?

山本呉服店では岐阜、京都店ともに着物体験ができます。

前姿だけですが、確実に着物を着た感じがイメージできます。写真を撮ってみると尚よく分かります。

まずは着物ってどのような感じになるか、気軽に体験してみてください。

 

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

 

山兵、京都さろんで

「着物体験」をしてみませんか。

 

1 お茶をしながらお話を伺います。 着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で着られたいのかお話しを伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 試着、反物のままであっという間に着物スタイルに変身です。

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き
¥1,000

「体験プログラムをやってみたい」と思われる方は京都さろんへ来れそうな日を第一、第二希望をメッセージに書いてお申込みフォームを送信してくださいね。

 

お申込みはこちらから

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

山本由紀子

219,600 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。