着物割引からウーバーまで。京都のタクシー事情☆私の勝手な思い込みタクシー利用法1

由紀子の日々

「あれっ、ウーバー使えるんですか?」

助手席の背もたれの後ろにウーバーの広告が目に入りました。ウーバーは簡単に言うと契約している自家用車をタクシー代わりに使うシステムです。

 

「どうしてタクシーなのにウーバーなんですか?」と聞きました。

 

「外国人が使っているんで日本で使えないと不便、とかで京都ではうちの会社だけが許可されました。日本では一般の人が契約する事が規制されているため、東京など主要都市で一部のタクシー会社がウーバーシステムを使えるようになっているのだそうです。外国人旅行者が大きな荷物を持って乗る場合が多いので伝統のセダンタイプからワンボックスタイプに車も順次変えているんだとか。

 

「と言っても英語が喋れないとか車が対応してないとかで何台も対応していないんですが」

料金が違ったら面倒じゃないですか?と聞くと「大体同じ料金ですよ。東京では普通のタクシー料金よりも高くなったっていう話もたまに聞きますが納得して使っているのでトラブルはないようですよ」

 

一番よく乗るハートのマークのMKタクシーです。

 

ところで京都を道で拾うとき、車体の上のマークを見ます。電気が付いていれば空車、付いていなければお客様を乗せていたり回送の車だったりして手を上げても通過されます。

 

タクシーの値段は全部違うので必ずタクシーの色や天井のマークを確かめて手を上げます。ちなみに私は3社に決めています。

 

 

 

グリーンと白の車体で三日月のマークの「アオイタクシー」は遠くまで乗る時はかなり安いです。白とオレンジ車体で丸いぼんぼりのマークの「都タクシー」はベテランでゆったりした運転手さんが多いので不愉快な思いをしたことがありません。そして黒い車体でハートのマークの「MKタクシー」は乗車した人のうち一人でも着物を着ていたら着物割引になります。接客もきっちりしています。

 

一般に観光地やホテルの前で客待ちしているタクシーは値段が高かったり不愉快な思いをしたことも何度かあったので私は少し歩いてでも別のタクシーを探して乗ることにしています。

 

気を付けなければいけないのは朝8~10時、夕方4~6時は流しているタクシーの数が減ります。昼間勤務と夜勤務の入れ替えのため減るんです。ちょっと離れた場所だったり急いでいる時は予約を入れておいたほうがいい場合もあります。

乗車したら助手席の前に掲示してある運転手さんの名前とその下にある番号を見ておきます。番号はタクシー会社は関係なしに京都市内を走るタクシー全部の通し番号になっているので忘れ物をしたりした時に便利です。

気持ちよく利用するためにも知っておくといいですね。私の勝手なこだわり情報でした。

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

着物の知恵を知って、自分で着物を着られたら嬉しい〜🎵

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

 

最大限  2名までの個人レッスンです。

 

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

なぜ?から学ぶ着方教室

6回 18,000円

 

*ご都合の良い日をお申し込みください。

上記以外でもお受けできる場合がありますので問い合わせフォームに書き込んでください。

この後も個人の進行具合に合わせてお稽古できます。

お申し込みはこちらのフォームに書き込んで送信してくださいね。

 

現在、水曜日 午後1:30〜16:00 お稽古をしていますが他の曜日、時間がいい方はお知らせくださいね。

山本由紀子

134,857 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。