• HOME
  • ブログ
  • 着物
  • 「お母さんの着物が着たい」ご相談を承ります☆多方面に渡る知識と総合力でご提案します。

「お母さんの着物が着たい」ご相談を承ります☆多方面に渡る知識と総合力でご提案します。

着物

「私は、きもの難民だから」

ぽつんと言われました。

 

「昔は近くに親身になって相談にのってくださる呉服屋さんがあったのに、、 母が好きだった着物を着てみたいと思ってもどうしたらいいのか。誰に相談したらいいのか分からなくてそのままになっています」

 

最近、そのようなご相談をお受けすることが多くなっています。

 

お母様やお婆さまの着物や帯を引き継がれた方からのご相談です。

 

 

「おばあちゃんからもらった着物を着たいけど何からどうすればいいですか」

「母の着物を持って帰ってきたましたが、今着られる着物はどれでしょう。見て欲しいです」

「この着物が、どこへ着ていけるのかわからなくて着られないんです」

「着物と帯、どれを組み合わせたらいいですか」

「サイズが私に合いますか」

「帯がクタクタで結びにくいのですが、結びやすくなりませんか」

「母の帯が私には似合わないと思いますが、思い出があるので何とか使えませんか」

・・・・・

 

思い当たることはありませんか?

 

漠然と「どうしたらいいのか」途方に暮れていらっしゃる方、

 

ある程度知っていても、どこへ持ち込めば自分の思うようになるのか、困っていらっしゃる方まで様々です。

 

 

こういったご相談は誰にすればいいのか、わからないままに放置されている方が多いようです。

 

着物が眠ってしまっているのはとても残念です。

 

ご相談は着物のことを総合的にわかっている人でなければアドバイスできません。

またその知識量によって提案できる方法も違ってきます。

 

 

いわゆる「プロ中のプロ」に相談した方が、より良い解決方法が見つかります。

 

例えばちょっと着物を着れるだけの方に相談してみてもその着物がどのように作られ、どのようなものなのか、今の時代にセンス良く着るにはどうしたらいいか、さらにどうしたら着やすくなるか、サイズを直すには、、、など 総合力を求められる場面が多いです。

 

私は何十年も着物に関わり、何万人の方の着物をお見立てしてきた経験があります。

現在、呉服屋を営んでいるからこそのアドバイスがして差し上げられることも多いと思います。

 

ただそこで問題となるのが「呉服屋は怖い」 結構、定説になっているようです(笑)

 

「当店は違いますよ」と声高に言ってみても「本当にそうなの?」とやはり怖い(笑)

 

そこで公明正大に相談料をいただくことにしました。

 

相談料は 3,000円/1時間 (税別)

純粋に一番良いと思う方法をいろいろご提案させていただく料金です。

他店やネットでお求めになっても一向に構いません。

 

まずは、「こんなことで困っています」「どうしたらいいでしょう」

お問い合わせに書いてください。

ある程度のことはメールでもご相談に乗れると思います。

メールによるご相談は無料です。

その上でお考えいただいても結構ですよ。

ご相談はこちらから

山本由紀子

45,300 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。