自然から学ぶ「ヤドリギ的生き方」の是非☆「二方よし」と「三方よし」の商いの違い

旅行

自然は大きくていろんなことを教えてくれます。

この時期は花もなく、葉っぱを落としている木も多くて、木や幹の動きがよくわかります。

本質を露わに見られる感じがします。

 

葉っぱを落とした白樺の幹が青空に映えて美しい!

 

それが「わびさびの世界」だよと教えていただいたのは桂離宮を案内してくださった宮内庁の方でした。そのお話はこちらです。

「桂離宮」最高のおもてなし☆侘び寂びの世界1

 

一度、視点を教えていただいて意識するようになるとそのように見えてくるものですね。

 

何も考えていなかった元の状態には戻れなくなります。

 

 

蓼科を散歩していると白樺林がありました。

 

その辺りの木にはヤドリギがいっぱい付いていました。花が咲いたほどです。

ヤドリギは半寄生で自分でも葉緑素を持っているため光合成ができますが、他の植物(寄生主)からも栄養を取って成長します。ふつうの植物にあるような根っこがなく、土からは成長に必要な栄養分が吸収できないからなのです。土に落ちた場合は繁殖ができません。

 

 

ヤドリギは大変賢い仕組みで生きています。

その果実は固い果皮に包まれていて、中の果肉がねちょねちょとしています。実を食べた鳥は、フンがくっ付いてお尻から離れず気持ちが悪いので、樹の枝にこすりつけてフンを取ろうとします。この時にヤドリギの種もフンと一緒に樹の枝に付着し、無事に宿主を見つけて寄生根をのばして寄主に固定され、成長していくという仕組みなのです。

 

ヤドリギは完全に鳥任せです。鳥もヤドリギの果実を食べたお礼に種子を運んであげているという仕組みです。

 

ヤドリギが木にしっかり根付いています。

 

ヤドリギは冬の間にも鮮やかな緑色なので、万葉の人々は強い生命力を感じ、聖なるめでたいものとしたようです。

ヤドリギが神聖な植物とされ信仰や崇拝の対象となっていたのは、日本だけのことではありません。キリスト教以前の古代のヨーロッパでも万病に効く薬とされていました。ヤドリギの下で思う人にキスすると結ばれるという言い伝えはよく聞くところです。

 

クリスマスのリースにも好んで使われるのは実が可愛いだけでなく、そんな謂れからかもしれません。

 

冬空に花が咲いたように見えるヤドリギ

 

これほど寄生されたのでは木も持ちません。遠からず枯れてしまうのではないでしょうか。

枯れたら寄生したヤドリギも枯れるしかないのでしょうね。

結局、自らも破滅するしかないのに止められないこの植物に私は節操のなさを感じます。

 

宿探しは鳥任せ、住まいは居候。粘着性のある果実を使って種子を拡散し、他の樹木に寄生して生長するヤドリギ。人間だったら考えられない厚かましさを感じます。

木を見て怒るのは私くらいのものでしょうか(笑)

 

 

植物はその生き方を変えることはできないのですが、この花の繁栄を見るとき

自分の商売においては誰かの犠牲の上に、自分たちさえよければ良いという考えは破滅しかないと思うのです。

 

やはり「二方よし」ではなく「三方以上よし」の商いを目指すと誓いました。

 

 

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

着物まわりの雑学にも詳しくなります。

自分で着物を着られたら嬉しい〜🎵

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

 

最大限  2名までの個人レッスンです。

 

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

なぜ?から学ぶ着方教室

       1回 3,000円

*ご都合の良い日をお申し込みください。

上記以外でもお受けできる場合がありますので問い合わせフォームに書き込んでください。

この後も個人の進行具合に合わせてお稽古できます。

ご都合の良い日を打ち合わせて決めまさせていただきますのでお申し込みフォームに書き込んで送信してくださいね。

 

 お問合せは こちらから 

 

申し込みはこちらから

山本由紀子

209,495 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。