岐阜県の桜の名所、霞ヶ渓で着付け教室のランチ会☆ソメイヨシノと山桜

イベント

「桜はそんなに好きじゃないよ」と言う私でさえ気分は高まります。桜を見るとウキウキするのは日本人のDNAでしょうか?

 

 

そんな今日、岐阜の山本呉服店スタッフ着付け教室の方たちが自分で着物を着てお花見ランチ会に出かけられました。

 

「当店のイベントには絶対雨は降らないよね」昨日から大雨情報が出ていましたが、見事に夕方までは雨が降らないことになりました。時々薄日が差す花曇りの中、蜜を避けて8名だけのランチ会を開きました。

 

霞ヶ渓の桜はまだ蕾が多かったですが、様々なピンクで彩られていました。

 

山本呉服店、池田店の近くの霞ケ渓(かまがたに)は昔から桜の名所です。

 

池田山の中腹に通っている山岳道路からの眺めは素晴らしいです。空気が澄んでいるときは名古屋のツインタワーまで見えます。春霞の時期は岐阜の駅のタワーまででしょうか。

「東海ウォーカー」と言う人気の雑誌に車でドライブできる無料スカイラインの第一位と紹介されました。このスカイラインに沿ってずーっと何か所かの桜の名所が点在し、山の木々の間に自然の山桜があちこちに咲いています。

一箇所だけでなく、実はそこをつなぐ山岳道路一帯が霞ケ渓なのです。

 

一人ばえの山桜が点在する池田山、霞け渓

 

「こう言う桜が見たかったんだ」ある時東京からいらっしゃった父の友達の言葉に驚きました。

「自然に咲く桜はそうそうあるもんじゃない。いいものを見せてもらった」桜の名所の見方が違うとこんなにも違うものだと思いました。

 

 

東京ではソメイヨシノを人工的に植えた鐘ヶ淵や目黒の桜は華やかで圧倒させる美しさがあります。

それに比べて、霞ケ渓の桜は地味です。

山の中に点々とする山桜は私には黒髪にできてしまった10円玉ハゲに見えました(笑)

素敵だとはとても思えませんでした。

 

桜坂で景色を楽しみながらフレンチを堪能しました。

 

「桜坂」はフランス料理の地元では人気店です。予約が取りにくいお店です。

景色を見渡ながら着物が好きな人たちと一緒にゆったりとした時間を過ごすのは最高の時間です。

 

今日は紬や大島、小紋を着ていらっしゃった方が多かったです。着付けのお稽古して着物でランチは気分もひとしおだったことでしょう。

 

ご案内までして、京都へ向かいました。

自粛解除もあって京都も人出が戻ってきました。当サロンの近くの飲食店はビックルするほど、どこも満席でした。活気が戻ってきた感じがしました。

 

着物を着て晴れやかにお出かけができるようになるといいですね。

 

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

 

着物に関するお問い合わせは何でも書いてください。わかる限り丁寧にお答えします。

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

山本由紀子

209,498 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。