尼崎市、JR立花商店街の手焼きせんべいの店「中田屋」さん

旅行

「仕事で大切なことはすべて尼崎の小さな本屋が教えてくれた」

本のモデルになった「小林書店」の小林由美子さんと対談の打ち合わせに行きました。

 

 

大阪から神戸へ向かう尼崎市、JR立花駅から商店街を抜けたところにある本屋さんです。

実はこの立花商店街が私は好きです。

 

 

どこへ行っても日本全国チェーン店ばかりになっている中で、

立花商店街は個性ある個人商店が元気に営業されています。

 

珈琲焙煎屋さん、洋服屋さん、イカ焼き屋さん、マッサージ、お医者さん、ケーキ屋さん、、、

落語会までやっています。

 

右が小林由美子さん、左が中田さん。お二人はとても仲良しです。

 

 

中でも人気のお店が「中田屋」さんです。

昔ながらの手焼きせんべいとあられのお店です。

 

小林由美子さんのとても仲の良いお友達です。

 

おせんべいを入れてある木の縁取りのガラスケースが一目で気に入ってしまいました。

 

 

不覚にも「何がオススメですか?」などと聞いてしまいました。

 

 

「ぜ〜んぶオススメです。ここで全部手焼きしているんだから」

 

と中田さんが笑われました。

 

 

ちょっと甘い「まつば」

 

 

「そうそう、コレ美味しいわよ」

と手渡されたのが「まつば」

小麦粉と砂糖、蜂蜜、卵で作られた素朴な「昔ながらの」おせんべいです。

 

ピーナッツ入り

 

「これも美味しいわよ」と小林さんのおすすめが、ピーナッツの入ったおせんべいです。

 

そうそう、ザラメも好きでしょ、

 

ザラメ付き、これ好きなんだな〜♡

 

 

香ばしいほうじ茶を入れて食べたら美味しいだろうな〜〜

 

3点ともお買い上げ。

 

 

「昔ながらの」というだけあって、原材料は自然なものばかりです。

 

中田さんが言われた言葉がとても印象的でした。

 

本当に、危機感を、この頃特に感じます。

世の中は簡単、便利、安い、見かけだけ良ければと言う方を向いていると思います。

そんな中で真面目にコツコツ続けてきました。

いつか誰かの記憶の味になるんだろうなぁと思います。

 

いいお店、良い人に出会えて心がほっこりしました。

 

「品格の教科書」は全国の書店さん、

またはアマゾンで手に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

山本由紀子

298,727 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。