西陣の機屋「鈴木」さんへ唐織の研修に行ってきました☆6月みやこメッセで開催「第45回京裳苑」に出品2

イベント

「当社の帯は驚くほど軽いんです」

 

と唐織の鈴木さんが袋帯をひっくり返して見せてくださいました。

 

本当に刺繍のように見えますが、裏は糸が全く通っていません。

 

余分な糸がないから軽いのですね。

 

夏の袋帯の裏側を見せてくださいました。

 

「以前、伺った時に帯の裏の糸を切っていらっしゃったおばあさまは?」

 

101歳まで糸切りの仕事をされていたおばあさん

 

「ずっと仕事をしていてくれたんですが、昨年の秋101歳で大往生しました」

 

「えーー、そうだったんですね」

 

社長さん自らが糸切りをしていらっしゃいました。順送りなのですね。

 

「今は私が代わりにやっています」と

社長さんが握り鋏を持って、器用に糸切りを見せてくださいました。

 

 

 

鈴木さんの唐織は糸がふっくらして立体的、糸がツヤツヤと光っています。

 

織りがとても綺麗です。

 

「鈴木さんの唐織は他の機屋さんのと、どう違うのですか?」

 

「この糸をみてください」

 

糸は柔らかくて光っています。握るとキュッキュッと「絹なりの音」がしました。

 

「良い糸を使っているのはもちろんですが、

糸に撚り(より:糸をねじること)がかけてないからふんわりして、握るとキュッキュッと「絹なりの音」がしました。

 

 

染めた糸が壁いっぱいに並んでいました。

 

「うわ〜、すごいたくさん!キレイ〜〜」

壁いっぱいに収納された糸は写真の2倍以上ありました。

 

 

 

「この帯、素晴らしいね〜。他の帯と全然違う」

 

お太鼓柄の袋帯です。

 

「キレイ〜〜!この帯、いいねー」

 

訪問着や黒留袖、色留袖、色無地にも小紋にも結べそうです。

 

 

前の柄も素敵です。白い無地のところにも細かい織り柄が施してあります。

 

帯の前の部分は半分に折って結ぶので、回し方によって柄が変えられます。

 

「オシャレ〜〜!」

 

「この帯は娘がデザインしたんです」

 

前の柄がオシャレに変えてあります。

やはり女性の発想ですね。

 

 

おしゃれ用の袋帯です。

 

「私、この帯が好き♡ ものすごく軽いよ〜」

 

 

オシャレ用の袋帯です。小紋や紬の着物などにも締められます。

「リバーシブルになっていて、裏もキレイ〜♡」

 

裏もモダンさがあるオシャレな色です。

 

裏も細かい織り柄があって、ハッとするようなモダンな色です。

 

持っている写真でも軽くてしなやかなのが見て取れます。

 

帯の図案です。

 

この帯の図案(デザイン画)を見つけました。

方眼紙の一マス一マスが糸一本です。

 

 

こんな風にして帯のデザインが作られるのですね。

 

鈴木さんで夢中になってたくさんの唐織を見ていました。

6月の4、5、6日みやこメッセで「鈴木さんの唐織の帯」が手にとって見られます。

 

ご自分のお着物を持ってきて合わせてみることもできます。

「見てみたい」という方は問い合わせからご予約くださいね。

 

第45回 京裳苑

 

■ とき   6月4日(土)5日(日)6日(月)

■ 場所   京都・平安神宮前 みやこメッセ

■ 主催   (株)山本呉服店

 

*山本呉服店のお客様、特別ご招待の方のみとなります。

 

 

[関連記事]

「品格の教科書」出版記念パーティーに結んだ大好きな袋帯☆唐織「鈴木」さんの袋帯が京裳苑に出品1

 

 

 

「品格の教科書」は全国の書店さん、

またはアマゾンで手に入ります。

 

 

 

 

 

 

山本由紀子

321,231 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。