自分で着物が着れたら楽しい☆オンライン着付け教室始めます。

由紀子の日々

「自分で着れましたね」Sさまは静かにニコニコしていらっしゃいました。

京都の当サロンの近くで茶道を習っていらっしゃるSさまが「自分で着物を着られたらいいな〜」と着付け教室に来てくださるようになってまだ2回目です。

 

一般的には「着付って難しい」「自分で着られるようになるには長く練習しないと無理」と思われているようです。

 

 

着付けは「まとう技術」です。

技術は手順を理解し、順番通りやれるようになれば着られるのです。

 

 

自分一人で着られたら嬉しいですよね。

 

 

この帯は小幅袋帯です。リバーシブルになっていて両面楽しめます。

浴衣帯より50センチ以上も長く、前で結んで後ろへ回すので、簡単に結べます。

必ずしもいつもお太鼓を結ばねばならないこともないので便利です。

 

 

基本の結び方「リボンがえし」

 

この帯は長いので、帯締めでお太鼓を作っていただきました。

 

帯締め一本でお太鼓のような結び方になります。

 

前も帯締めを締めると「キチンと感」が出ます。

 

 

着物をいつも来ていらっしゃる方でも「平たい帯締めを結ぶのは苦手」と言われる方も多いのですが、呪文を唱えれば一発で綺麗に結べます。

 

これならもう、お茶のお稽古にも着ていけますよね。

 

 

 

「ブログに載せさせていただいてもいいですか?」とお願いしました。

「この楽しさを他の人にも知ってもらえるならいいですよ」と言っていただけたのがとっても嬉しかったです。

 

 

私は「口は出すけど、絶対に手は出さない」決めています。

 

手を出してしまったら自分で着られた満足感と充実感はないからです。

 

 

そしてそれが、オンライン着付け教室へと結びつきました。

 

近々、オンラインでも着付け教室を始めます。

 

こんな方にオススメです。

*着付けができるようになりたいけど、なかなか時間が取れない

*決まった時間に予定が取りにくい

*自分の都合のいい時間にやりたい

*着物を持って歩くのも大変

*着崩れない着付けを覚えたい

*着物が楽に着られたらいいな

 

一回50分、月2回、

基礎編6回で着物がキレイに着られて名古屋帯が結べます。

出られなくても大丈夫! キレイに着られる「コツ」満載の動画で自主練できます。

 

「やってみたい」「詳しく知りたい」そんな方はメッセージください。

 

 

 

 

見て、触れて、着てみれます。

「京裳苑」で着物を思いっきり楽しみましょう。

 

*  *  *  *  *  *

京裳苑とは

 

京裳苑は毎年6月に京都、平安神宮前の京都メッセで開催しています。

今年で47年目です。

 

ひたすらお客様の指示があって続いてきました。

何百条もある広い広い会場に、毎年20数社の染屋さん、機屋さん、小物屋さんなどが一堂に出品していただきます。

京裳苑ではさまざまな着物や帯を見放題、選び放題、そして実際に着てみることもできます。

自分の着物を持ち込んで着てみて、帯を合わせるなんてこともできます。

 

 

 

着物好きにはたまらない展示会です。

 

6月2日(金)3日(土)4日(日)

京都、平安神宮前 京都みやこめっせ 1階

主催 株式会社 山本呉服店

 

「みやこめっせ」へのアクセスはこちらをクリックしてご覧ください。

 

[モデルコース]

12:30〜15:40  みやこめっせ集合。着物展示会で着物との出会いを楽しめます。

15:40〜16:00      祇園へ移動

16:00〜18:00  祇園川上で会席料理

18:00      祇園にて解散 

自由に祇園の散策をお楽しみください。「由紀子のぎおん推しマップ」を差し上げます。

3日、4日は10時から会場へ入ることもできます。午前からいらっしゃる方はメッセージしてください。

会費  おひとりさま 18,000円

 

ご予約の方のみのご案内となりますので、こちらからメッセージをください。

 

 

 

 

 

山本由紀子

577,303 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。