「根拠のない自信」の正体を見た☆商業界ゼミナールで学んだこと

由紀子の日々

昨日は久しぶりにお休みをとって金沢へ体のメンテナンスに行ってきました。定期的に東洋医学と鍼灸、整体で総合的に診ていただいています。

金沢まで行って知らん顔して帰ってくるのも失礼と思い、突然だったのですが「商業界ゼミナール」からの友達である「芝寿し」の梶谷眞理さんに電話しました。

梶谷眞理さん(左)とお嬢さん、真友美さん(右)と「芝寿しの里」にて。整体をしてもらったので珍しいパンツ姿です(笑)

 

 

「ご縁があれば必ず会えるもの」

が合言葉なのですが、本当に昨日だけ予定が空いてるわと言ってくださって、まだオープン間もない芝寿しさんの「芝寿しの里」で待ち合わせました。

 

 

芝寿しの里は白山の築160年以上の古民家を移築した素敵な建物です。芝寿しの売店の他に美味しいお米で作ったおにぎりや関連する会社の体に良い商品を集めたコーナー、そしてイートインもできます。

芝寿しの里」の人気メニューは見た目もきれいなお弁当です。

 

眞理さんと話しているといつも「きっと何とかなるよね〜」という話になります。

なぜか分からないけど、どんな困難なことに当たっても先が見えなくても きっと乗り越えられると信じられます。それを「根拠のない自信」と呼んでいます。そして眞理さんと私だけでなく周りの経営者の人たちもまた「根拠のない自信」を信じている人たちがほとんどです。

 

今までその現象を笑うしかなかったのですが、そういえば・・・と思い当たることがありました。

 

先日、参加した商業界ゼミナールで思い出しました。

商業界ゼミナールの楽しみは2日目のお昼に合わせて金沢から作って運んでくださる「芝寿し」さんの美しくて美味しいお弁当です!

 

商業界の精神に基づいたお弁当にかける「思い」が綴られています。

 

 

商業界は戦後の混乱期に故倉本長次さんが正しい商人のあり方を説いた「商人の勉強塾」です。毎年2月に2泊3日で合宿セミナーがあって、今年も全国から500名を超える商業者たちが集まりました。倉本長次さんの教えを説いた3人の先生のうちの一人、神保民八さんの大好きな詩があります。

 

正しきによりて

滅びる店あれば

滅びてもよし

断じて滅びず

自分が私欲ではなく正しいと信じることをしていて潰れるのならそれでも仕方ないと覚悟せよ。滅びると思っても信念を曲げるな。

正しいことをしていたら絶対に滅びはしない。と私は理解しています。

 

「良心に従う」を基準にして物事を判断していたら怖いものは何もありません。自分の良心に従って裏切らなければきっと滅びはしないだろうと思えます。

 

「根拠のない自信」とはこれだったんですね!

 

 

一生のうちに知り合える人には限りがあります。

そのご縁に感謝し、その方たちが私と出会ってよかったと思っていただけたら「商売」というより「人」として心豊かな日々が送れるのではないかと思っています。そういう気持ちで商いをしている限りは きっと何とかなるという「根拠のない自信」が湧いてくるのです(笑)

 

眞理さんとも3時間喋りまくってエネルギーを充電して帰ってきました。とっても良いお休みでした。

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

山兵、京都さろんで

「着物体験」をしてみませんか。

1 お茶をしながらお話を伺います。 着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で着られたいのかお話しを伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 お好みと合えば試着していただきます。(反物のまま着物を着たスタイルに仕上げます)

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き
¥1,000

「体験プログラムをやってみたい」と思われる方は京都さろんへ来れそうな日を第一、第二希望をメッセージに書いてお申込みフォームを送信してくださいね。

山本由紀子

124,247 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。