• HOME
  • ブログ
  • 着物
  • 7月8月は透ける夏着物の季節です3☆お茶にもお食事にも無地の夏お召

7月8月は透ける夏着物の季節です3☆お茶にもお食事にも無地の夏お召

着物

西の方から梅雨明けして、ジメジメした空気からも解放され、本格的な夏になりそうです。

着物は「いつからいつまでは何を着る」という型が決まっていたので、着るものに悩まなくてもいいです。最近は気候の変動が激しいため、暑くなれば早めに涼しいものに変えていくのは必要ですが。

 

7月8月は最も暑い時期なので、着物も帯も長襦袢も「薄物」と言って透ける素材です。「夏でも着物なの?」と言われますが、夏物の透けそうで透けないそこはかとない情緒が好きです。

 

先の写真、薄いグレーは夏召しです。それにいろいろな夏帯を合わせてみました。

 

グレーの夏お召しは市松の織り柄が浮かび上がります。

 

拡大するとこんな感じです。市松の中にも色々な柄があります。

 

 

この夏お召しは西陣で織られた織物です。柄は織りの凹凸で表現されています。いわゆる「無地」です。なので、帯によってお茶会からお食事など「着てみたいな〜」と思ったらいつでも着られる着物です。

合わせる帯によって年代もイメージも変わります。

 

若草色の帯は珍しいです。

 

グリーンの帯は西原さんの染め帯です。可愛いですね〜!こんな帯を合わせるとポップな感じになり、おとなし目な着物も少し個性的に着られます。

 

 

 

輪郭がやさしくぼかしてあります。お太鼓と前の部分に柄があります。

 

白地に藍の帯は「おぼろ染め」の名古屋帯です。柄は絞りで作られていて、染めた輪郭がおぼろ月夜のようにふんわり優しく表現されています。

 

 

拡大するとこんな感じです。

 

 

ブルーの横ストライプの帯は西原さんの染め名古屋帯です。とってもオシャレですね。ブルーの濃淡に黄色がアクセントになっています。この帯はどんな色や柄の着物にもすっきりと合わせやすいので重宝します。

 

着物も帯も熟練した職人さんがしっかり作られたものばかりです。拡大した写真を見ていただくと感じていただけると思います。

夏の着物や帯、この時期のオシャレを楽しみたいものです。

 

 

 

 

京都店を再開しました。ご来店のご予約をお待ちしています。

 

お着物のご相談だけでなく、京都(関西)へ行く予定が入ったから寄るよと言ってくださる方も大歓迎です!
相変わらず、岐阜と東京などの出張、仕入先との打ち合わせなどで留守にすることも多いと思いますが、できる限りご予定を合わせて楽しい時間を過ごしたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
                          山本由紀子

 

京都店でも着付け教室を再開しています。

ご都合が良い日をお知らせください。

着物まわりの雑学にも詳しくなります。

自分で着物を着られたら嬉しい〜🎵

 

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

 

最大限  2名までの個人レッスンです。

 

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

なぜ?から学ぶ着方教室

       6回 18,000円

ご都合の良い日を打ち合わせて決めまさせていただきますのでお申し込みフォームに書き込んで送信してくださいね。

 

お問合せは こちらから 

 

申し込みはこちらから

 

 

 

山本由紀子

124,264 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。