おじいちゃんの振袖☆撮影会それぞれの物語1

イベント

「おじいちゃんが作ってくれた振袖~~、」

「これ作ってくれたんだなーって、家族中みんな思い出します」とご家族が口々に言われました。

 

豪華な総絞りの振袖には襟元も超豪華にコーディネート!白地なのでどんな色でも思いのままに合わせられます。

 

おじいちゃんはみんなに惜しまれて、2年前に癌で亡くなりました。

結婚された娘さんたちの家族や孫たちも、毎年バスをチャーターして旅行するのはおじいちゃんの楽しみでした。だから今でも、何かがあるとご家族がみんなで集まり、お祝いされます。

 

 

「ワイングラスのいいのがあってなあ〜。家だけではあかんから娘たちの家族にもセットで買ってやったら喜んでたわ〜」満足そうに笑って話されたおじいちゃんを思い出します。

グラス1つから着物まで、全部おじいちゃんのお見立てでした。おじいちゃんはとてもセンスのいい人でした。

 

 

初めてのお孫さんの振袖を見に来て頂いた時は、まだ高校へ入られたばかりでした。

ご家族みんなで、あまりの大人数で来ていただいたのにビックリしたのを覚えています。

でも決めるのはおじいちゃん一人でした。

 

「あんな良いもの見せるからダメなのよー。いっぺんに気にいってしまって、もう他のもんは見られんと言って決めちゃったんだよね」とおばあちゃんも懐かしそうに振り返っておおられました。

 

素敵なおばあちゃんのお洋服も、みんなおじいちゃんのお見立てでした。

 

そうそう、出来上がった時もまた全員で来てくださいました。

お嬢さんに納品着付けしたら、

「綺麗なのに、脱いじゃうのはもったいない」予定外にそのままランチ会になっちゃっいました。

私たちにとっても思い出深いおじいちゃんでした。

 

「振袖を見るたびに、おじいちゃんを思い出します。いいの作っておいてくれたなーって」

 

家族の結びつきは今もおじいちゃん。

 

それを語っているのは振袖だと思いました。着物は思いも伝わるものですね。

 

きっとまだ見ぬ次の代のお嬢様にも、おじいちゃんの思い出話とともに振袖も引き継がれていくのでしょう。

 

[関連記事]

撮影会、それぞれの思い

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

 

山兵、京都さろんで

「着物体験」をしてみませんか。

 

1 お茶をしながらお話を伺います。 着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で着られたいのかお話しを伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 試着、反物のままであっという間に着物スタイルに変身です。

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き
¥1,000

「体験プログラムをやってみたい」と思われる方は京都さろんへ来れそうな日を第一、第二希望をメッセージに書いてお申込みフォームを送信してくださいね。

 

お申込みはこちらから

 

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

着物まわりの雑学にも詳しくなります。

自分で着物を着られたら嬉しい〜🎵

 

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

 

最大限  2名までの個人レッスンです。

 

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

なぜ?から学ぶ着方教室

      1回 3,000円

ご都合の良い日を打ち合わせて決めまさせていただきますのでお申し込みフォームに書き込んで送信してくださいね。

 

お問合せは こちらから 

 

申し込みはこちらから

 

 

山本由紀子

148,269 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。