「真夏7月、8月に着る薄物が欲しい」にお応えして☆みやこメッセでの新作発表会に向けて準備着々

お見立て

「夏に着る薄物が欲しい。紺か紫の濃い地色で大きな柄で華やかなのがいい」

とリクエストがありました。

 

京裳苑の打ち合わせに行ったメーカーさんで写真を撮って来ました。

 

お花が可愛い感じです。

 

実は昨年の7月に注文を伺ったのですが、
その時期になるともうメーカーさんには夏物はほとんどありません。
夏物の発表は通常2月3月です。
洋服と同じ、半年前なんです。
特に夏物は生産量も少なく、色柄の指定で探すのはとても難しいのです。
夏物を作っているメーカーさんも限定されています。
ちょうど
このメーカーさんはたくさん作っていらっしゃいます。
お似合いになりそうなものを選んで写真を撮ってみました。
みなさまも、よろしかったら見てくださいね。

 

 

7.8月用の薄物ですが、長襦袢を着るとそれほど透けません。

6月の早めから9月に入ってもしばらくは着れそうです。

 

夏物は裏を付けないだけに生地がペラペラだったり、悪い生地だと

巻きついたりふわふわして歩きにくいです。

単衣や薄物はしっかりした生地を選びたいものです。

 

ご希望があれば、メーカーさん直接で探してお見せすることもできます。

お問合わせに書いてくださいね。

 

美しい着物や帯が手にとって見られます。

きものの本場京都の広い広い会場で、新作発表会

きっとお気に入りが見つかります。

6月4日(金)5日(土)6日(日)

 

京都、平安神宮前 みやこメッセ

 

着物や帯を製作していらっしゃる染屋さん、機屋さん、和装小物屋さんが20数社出品する大規模で本物に触れられる一年に一度の機会です。

それぞれの作風や色柄があります。それを一堂に比べ、着て見られる機会です。

昨年はコロナでやむおえず中止しましたが、年1回42回続いている伝統の展示会です。

 

詳しくはこちらもご覧ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

京都で着物新作発表会、第44回「京裳苑」開催します☆

 

 

京裳苑の会場はこんな感じです

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

何か一つ欲しいものがあったら「京裳苑」で選びたい放題☆「京裳苑」は着物好きにはたまらない1年に1度のお祭りです。

日本最大級の質と規模の展示会で選びたい放題!☆「京裳苑」(きょうしょうえん)にワクワク!

明日からいよいよ第42回京裳苑が始まります☆京裳苑の時の私たち

 

「とりあえず、見てみたい」という方は下の問合わせに書いて送信ください。

着物や京都のご案内などご相談は無料です。どんなことでもお気軽にご相談ください。

山本由紀子

201,020 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。