似合う着物の選び方☆何を考えてどのように選ぶか?

着物

友人のTさまに着物体験をしていただきました。

「何を着ていただこう?」と考えた時にもう一人の私が「お客様のどこを見てどのように選んでるの?」と問いかけてきます。

「フィーリング?」

「感覚?」

論理的なロジックがないと納得できない自分を説得させるには、いわゆる「思いつき」では解決できません。

 

イメージとはその人の雰囲気なのですが、パーツで言えば「目力」顔色でしょうか。

それより大切なのは表情なのかもしれません。

表情一つで印象は大きく変わります。

Tさんの率直で清々しい表情を見て、私が感じたのは「暖色じゃないなあ」でした。

知的で爽やかなTさまには寒色系の地色を選ぶことにしました。

 

 

体全体を包み込む着物では第一印象は地色選びで7割以上が決まると言われています。

どんな色でも寒色系と暖色系があります。

例えばピンクでもオレンジがかったサーモンピンクは暖色系ですし、紫系のピンクは寒色系です。黄色でも山吹き色は暖色系ですし、レモン色は寒色系になります。

そこでレモン色系の訪問着を着ていただきました。

 

 

 

次に淡い水色のすっきりした付け下げを着ていただきました。

 

 

東京でのパーティーやお茶会に行くのであれば、シルバーの帯をしたらカッコよさそ〜〜!!!

 

ところでこの写真を見た友人からは「帯が可愛い〜〜」と大好評でした。

何度もブログに書いていますが、

「帯は着る人の雰囲気に合わせるものです」

 

 

ばっちりお似合いでした!

表情はその人そのものです。表情と気持ちは直結しているからなのです。

 

一目見ただけでその方にお似合いを選ぶのは、やはり感覚を磨くしかないのかもしれません。

 

この頃「五感を磨く」ことの大切さを思うのです。

 

それには

美しいものを見て美しいと感動する、

小さな花に心を寄せる、小鳥の声に気づく、

季節の移ろいを感じる、

喜怒哀楽を押し込めない、

そんなことの大切さを思うのです。

 

 

山兵、京都さろんで

「着物体験」をしてみませんか。

 

1 お茶をしながらお話を伺います。 着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で着られたいのかお話しを伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 試着、反物のままであっという間に着物スタイルに変身です。

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き
¥1,000

「体験プログラムをやってみたい」と思われる方は京都さろんへ来れそうな日を第一、第二希望をメッセージに書いてお申込みフォームを送信してくださいね。

 

お申込みはこちらから

 

山本由紀子

200,229 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。