舞妓さんのように着物を引きずって着るのは女性の憧れ☆きものがたり2

きもの豆知識

舞妓さんや芸妓さんが着物を引きずって着ているのはとても優雅で綺麗ですよね。

お引きずりの着物を纏ったのは遠く平安時代の貴族や江戸時代の上流階級でした。

着物の身丈を長くして室内では裾を引くのが流行しました。

 

お引きずりはとても優雅でスタイルよく見えます。

上流階級と同じような着方をするのは女性の憧れだったのです。

 

千年もの歴史がある中で着物は時代によって形を変えてきました。

 

江戸時代前期までは、一般庶民はじめ武士の奥方も対丈(ついたけ)に仕立てられていました。NHK大河ドラマ「麒麟が来る」などでも戦国時代の女性は男性と同じように対丈で着ていますよね。

 

庶民は動きやすい対丈の着物でした。

 

一方、庶民が頑張ってお洒落しても、家事をしたり、外で着物を汚さないようにするには不都合だったので、次第に家事や外では紐でからげて、身丈を短くするようになります。
外出のときは「裾からげ」といって、抱え帯(しごき)を締めてたくしあげ、裾を短くして歩きました。

 

これがおはしょりの原型です。

外に出るときは腰でたくしあげました。それがおはしょりの始まりです。

 

 

「『おはしょり』さえなければ簡単に着られるのに・・」着物を着る時に障害になるのが「おはしょり」です。

 

「おはしょり」は漢字では「お端折り」で、「はしおる」が変化したものです。長く仕立てた女物着物を着るときに、腰のあたりでたくしあげた部分を言います。

 

男性の着物のようにおはしょりがなければ、前を打ち合わせるだけで着られますから簡単なのです。

 

実際、今でも旅館やビジネスホテルで用意されている対丈(ついたけ)の浴衣は着方を教えてもらわなくても着られますよね。

こちらの記事も見てくださいね。

「男性の着物と女性の着物の違い」って知っていますか?大きく3つ違います!

 

 

今日のような形におはしょりをするようになったのは、明治中期になってからです。

 

ちなみに、明治大正は おはしょりがブックリとしてます。

 

おはしょりばかりでなく、全体の着姿がぼってりしています。

 

第二次世界大戦後、洋服を着るようになって着物の着方もその美意識に沿った着方に変化していきました。

活動的で、ほっそり足長に見えるスタイリングが好まれるようになりました。

 

着物の着方にもその方がキレイだという美意識になりました。

 

着物を着ることが非日常になり、ほっそりきちんと着ることは難しく、着物を着ることから遠ざけてしまったようです。

 

では「おはしょり」ってない方が良いの?  それは・・・・?

「おはしょり」って実はスタイル良く見せる最大のデザインだったのです。

 

つづく

着物まわりの雑学にも詳しくなります。

自分で着物を着られたら嬉しい〜🎵

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

 

最大限  2名までの個人レッスンです。

 

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

なぜ?から学ぶ着方教室

       6回 18,000円

*ご都合の良い日をお申し込みください。

上記以外でもお受けできる場合がありますので問い合わせフォームに書き込んでください。

この後も個人の進行具合に合わせてお稽古できます。

ご都合の良い日を打ち合わせて決めまさせていただきますのでお申し込みフォームに書き込んで送信してくださいね。

 

 お問合せは こちらから 

 

申し込みはこちらから

 

[関連記事]

目指すは「着物と日本文化の伝道師」☆「きもの塾」で伝えたいのは着物の着方だけではありません

経営も着付けも目標達成は出来た姿から逆算☆ジタバタ京都、1年半 9

GOOD JOBな1日☆「着物を着るのは思ったより簡単でした」1日着付け教室

「着付け教室」でなく「きもの塾」な理由☆ごとうゆうこ、初めての着物に出会う17

きものの着方は色々!ストレスなしに長く着ていられる着方☆普通の「着付け教室」とは違う理由

着物の着付けってみんな違います!体を締め付けないのに着崩れしない着方

 

 

 

山本由紀子

135,904 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。