アフリカ、トーゴと京都を結ぶアパレルの店「アフリカンドックス」へ行ってきました☆西陣の町家探検

京都さんぽ

「2月に京都へ染め体験に応募しました。ゆっこさんに会いたいので、着物体験に伺います!」

とメッセージを下さったのはエッセンシャル・マネージメント・スクールEMSで同じチームだった谷脇慎吉さんでした。彼はYANE設計デザイン、クラフトで店舗などの内装を設計する建築士さんです。

 

染め体験は世界でも最も貧しい国、アフリカのトーゴでアパレル会社を創業した中須俊治さんが企画しているものです。

本も出版されているのですが、トーゴと日本を往復する度に本の上下が反対になっていて、初めは「この本、不良品じゃないの?」と思ったくらいです。

彼がそれほど破天荒な人だということです。(褒めています!)

 

トーゴのエピソードは文字が逆さまになっています。

 

中須さんはトーゴのエフェ族と京都の職人西田さんールイヴュトンなど世界でも有名なブランドの生地を染めている染め工場を結んで商品開発をしていらっしゃいます。

染め体験は西田さんの工場でTシャツやパンツを自分で染めます。

私も昨年9月にやってきました。

その時の模様はこちらです。

染め体験はマインドフルネス以上☆洋服の染めにビックリ

 

 

ノリをべたべたに塗ってくるのですが、それがまた気持ちいい〜!

集中できるので塗り終わった時は、ほ〜〜っと満足感が漂います。

出来上がってみないとわからない期待感いっぱいで、ブランド並みの素敵な仕上がりになると評判です。

 

西陣の町家の路地の入り口は狭いけれど、中の世界に期待が持てます。

 

ところで中須さんは西陣の町家でオーダーメイドのお店をオープンされたため、一度行ってみたいと思っていました。

そこで、しんきちさんと中須さんのお店「AFRICA DOGS」で待ち合わせることにしました。

 

アフリカンドックスの入り口です。他にも個性的なお店が並んでいました。

 

路地奥の町家がリニューアルされた店舗はとても素敵でした。思っていた何倍も!!

 

アフリカ人のデアバロさんは京都に住んでいらっしゃいます。

 

 

そこでは中須さんがヘッドハンティングしてきたと言われるデアバロさんが洋服を縫っていらっしゃいました。採寸するだけで型紙も作らずに布を迷いもなくザクザクと切っていくリシャさんは「ザ・プロ職人」でした。

 

出来上がったジャケット、シャツ、ワンピース、シュシュやバックなどもあって、アフリカンワールドが繰り広げられていました。それが妙に西陣の町家にマッチしていて、居心地も良かったです。

 

不思議な体験をした後、しんきちさんと市バスでサロンへ向かいました。

 

京都市バスにて

 

続く

山兵、京都さろんで

「着物体験」をしてみませんか。

 

1 お茶をしながらお話を伺います。 着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で着られたいのかお話しを伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 試着、反物のままであっという間に着物スタイルに変身です。

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き
¥1,000

「体験プログラムをやってみたい」と思われる方は京都さろんへ来れそうな日を第一、第二希望をメッセージに書いてお申込みフォームを送信してくださいね。

 

お申込みはこちらから

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

 

山本由紀子

209,495 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。