「家で着物を着て、なんでもしたいんです」来店された若い女性の願いを叶える3

きもの相談

「いつもお家で着物を着ていたいんです」

小学校1年生のお子さんとお店へ来てくださった若いお母さんが言われたので思わず聞き直してしまいました。

「お家で着物を着て何をしたいんですか?」

「なんでもしたいんです。ご飯作ることも・・できるならなんでも」

 

 

そこで先日の住友林業の福井支店さんで撮影した着物シーンの写真をお見せしました。

 

着物で炊事もできます。

 

着物用の上っ張りです。当店で型紙から起こして仕立てました。

 

「そうそう、こういうのしたかったんです」

「これ、売っているんですか?」

 

一日中、着物を着てなあんでもやるにはこの羽織ものはとても便利なのです。

 

私たちも毎日着物を着て仕事するには絶対必需品です。

 

腕まくりもできます。

冬はとっても暖かいんです。

車に乗ってもシワにならない長さなのです。

割烹着と違って、このままで出かけられます。

おまけに、きっちり帯をしていないときでも隠れちゃいます^^

 

って話していたら

 

紅花紬(クリーム色)に細帯をして。お太鼓よりおしゃれですね。

 

「こういうの、したかったんです」

 

「紬の着物に細い帯を可愛く結んで着たかったんです。

 

けど、どこを探してもこんな帯がなくて・・・。

 

仕方がないんで、薄い名古屋帯を結ぶことを覚えたんです」

 

細帯(小幅袋帯)は可愛らしく、いろいろな形に結べます。

アレンジも自由です。

いつもお太鼓結びをする必要なんかありませんしね。

前でかんたんに結べて、後ろへクルッと回すだけです。

 

 

でも、作っているメーカーがなくなってしまって、

当店で何年も前から別にデザインして作ってもらっています。

 

 

「いいな〜〜!」

 

基本の結び方を2つだけ覚えれば、こういうアレンジも簡単にできるんです。

 

 

「覚えたいです!」

 

お話は続きます。

 

 

お家で着物を着るときに便利なのが、この上っ張り。

 

このブログを読んだ方からお問合わせをたくさんいただいています。

 

着物用の上っ張りです。当店で型紙から起こして仕立てました。

 

「上っ張り」のお問い合わせは

「岐阜、山本呉服店」へこちらからどうぞ

 

 

 

[関連記事]

「コーヒーブレイク」じゃなく「お抹茶ブレイク」☆お家でお茶会のすすめ1

お家で着物パーティーのすすめ☆友だちとおうち時間を着物で楽しもう2

「家で着物を着て、なんでもしたいんです」来店された若い女性の願いを叶える3

お家で着物パーティーのすすめ☆友だちとおうち時間を着物で楽しもう4

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

 

「きものをお家でも着たい〜」

「もらった着物、どうすれば着られる?」なんでも聞いてくださいね。

ていねいにお答えします。

山本由紀子

209,472 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。