岐阜、信長祭りの木村拓哉さんと伊藤孝明さん☆お祭り騒動ドキュメント

旅行

 

昨日はぎふ信長まつり「騎馬武者行列」でした。

毎年近くで行われているお祭りなのに1度も見に行った事はないし、関心もありませんでした。

 

 

今年は木村拓哉さんと地元出身の伊藤英明さんが揃って参加するされると言うことで岐阜は大騒ぎ!

1月に封切りの映画「レジェンド&バタフライ」は東映70周年記念の大作ということでとても力を入れて制作されました。木村さんと伊藤さんが参加するのはその前宣伝と言うことで映画会社の方から持ち込まれた企画だったらしいです。

 

韓国の事件と相まって全国ニュースで度々取り上げられて大変な話題となりました。

 

 

日頃、岐阜市の人口は40万人なのにの96万人の応募がありました。

観覧チケットに当店のスタッフも果敢に応募しましたが全員ハズレ!お客様の中には当たって見に行かれた方もあって、毎日その話題で持ちきりでした。

 

出発する時の模様をテレビで見ていました。テレビをつけた自分も野次馬根性(笑)

 

13時出発、地元の岐阜テレビで生中継がされ、初めて見ました。

 

 

伊藤英明さんは地元ということもあって馬に乗ってからもあちこちの人に手をあげてにこやかに対応していらっしゃいました。

 

 

「一瞬の隙もなく、キムタクだなー」

 

誰がどのようにカメラを向けても完璧な姿に写っていると思いました。

そういう凜とした緊張感がオーラを生み出すのでしょう。

 

 

実は映画のスタッフさんたちが全て来ていて、メイクさんも映画さながらに爪の汚れまで再現されたそうです。

木村さんでさえ「お祭りなのにそこまでやるか」と言われたそうです。

 

その裏ではスタッフさんたちの支えもあったのですね。

 

余談ですが、木村拓哉さんは本人の希望でノーギャラで来てくださったそうです。

 

 

私も「岐阜から来ました」というと「ああ、高山ですね」と言われ続けていますが、岐阜市の知名度が少しは上がったのは喜ばしいことです。

 

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

   「品格の教科書」出版一周年記念パーティー開催☆

    「ホテル椿山荘東京」でお会いしましょう。

 

お申し込みはこちらのurlから11月20日(日)までにお願いします。

 

 

 

 

品格の教科書」は今に伝わる所作や作法の意味を書いた本です。

全国の書店さん、

またはアマゾンで手に入ります。

 

 

 

山本由紀子

358,663 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。