ライブのはじまり、はじまり〜2☆結果を求めるより、とにかくやってみる

イベント

「コレって、もう始まってるの?」  で、フェイスブックライブは始まっていました。

 

ライブ中継をすることになった経緯はこちらです。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

着物展示会の初ライブ中継1☆結果を求めるよりやってみること

 

 

画面はどこ?

 

天井  向いていました

 

くるくる動いて・・・

 

「頭がクラクラする〜」

とコメントに書き込んでくださったのも友達でした。

 

 

自分の目で追うようにさっと動かすと、見ている方がビクリされたり・・・

 

 

珍事ばかりから始まったライブ中継でしたが、

見てくださっている方たちの温かい目と心遣い、

次々と書き込んでくださるコメントに涙が出そうでした。

 

 

私はこのように素晴らしくて優しい人たちに包まれて、何て幸せなんだろう!!!

 

 

とにかく、見てくださっている方たちに私が知っていることを伝えよう、

 

この時間が何かのお役に立てたらいいな、

 

ただただ、その思いだけで、夢中になって話していました。

 

 

おしゃべり好きはこんな時に役に立つものです。

 

話は飛びますが、

本を出版することになった時、もう何冊も本を出版されている方に言われました。

「山本さんは講演はしているから話すのは慣れているでしょ」

「はい、放っておいて貰えば半日でも1日でも喋っています」

大笑いされました。

 

「話し言葉は一分間に約300文字だから90分も喋れれば原稿用紙にしたら60枚、文字に起こししたらそれで1冊の本ができるんだよ。そう難しいことじゃない」

 

そう言われても、私のとりとめのない話が本になるなんて考えられませんでした。

 

 

とりあえず、とりとめのない私のおしゃべりはライブ中継には役だったようです。

というより、喋っている私が楽しくなっていきました。

 

 

ゆみんこちゃん(手島由美子さん)が写しながら

コメントしてくださった一言を読み上げてくださったり、

 

「美しいですね〜」

「素晴らしいですね〜」

などと、つぶやいてくださったことは

スマホの向こうで画面を見たり、話を聞いてくださっている方の声に思えました。

 

黒っぽい袋帯でも黒地に合わせても却ってキレイですね。着物は加賀友禅の訪問着です。

 

おそらく、着物の展示会をライブ中継するなんてことは業界では聞いたことがありません。

 

 

そして見ていただいている方もひょっとすると着物の展示会を初めて見られる方もあるのではないかと思い、

できるだけ自分が当たり前に思っていることを当たり前に思わず、丁寧に解説しようと心がけました。

 

 

つづく

 

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

 

なんでもご相談ください。お問い合わせはこちらから送ってくださいね。

山本由紀子

209,495 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。