• HOME
  • ブログ
  • きもの男子
  • 年末年始テレビで見る着物を着た男性のイメージ☆人気番組「プレバト」に見る着物で表現する個性の違い

年末年始テレビで見る着物を着た男性のイメージ☆人気番組「プレバト」に見る着物で表現する個性の違い

きもの男子

「プレバトもお正月だから着物がほとんどだね」今年のお正月はいつにも増してテレビでも着物姿が多かったような?特に男性の着物姿が多かった気がします。

出演者は着る着物によって職業や個性を出していらっしゃったので比べてみました。

 

辛口なコメントで俳句を解いていかれる人気の先生「夏井いつき」さんも素晴らしい大島紬を着ていらっしゃいました。フジテレビ系列で木曜日に放送されている「プレバト」とは「プレッシャーバトル」からリニューアルした番組なんだそうです。

 

 

東国原英夫さんは紬のアンサンブル(着物と羽織るが同じ生地)に袴姿。紬は生地に張りがあるので硬いイメージを与えます。

 

立川志らくさんは紬でも大胆な縞柄はカジュアルなイメージですね。

 

村上健志さんは春っぽい明るい取り合わせで、着物は細かいチェックの織柄の「お召」に無地の羽織。これも多分「お召」です。若々しい感じがします。

 

藤本敏史さんはお笑いタレントらしい「笑点」っぽい紅白のおめでたい着こなしです。

 

 

やはり圧巻の着こなしは梅沢富美男さん。着物はよく見るとアメーバーのような柄(表現が悪いですが複雑な染めでテレビではよくわかりません)があったので染ものでしょうか。羽織も縦縞の織柄のある無地です。実に綺麗に着こなしていらっしゃいました。流石です!

 

 

どうでしょう。

「お正月らしく」「華やかなイメージ」「句会」のテーマは同じでもそれぞれの方の個性によって男性着物もいろいろです。

 

ではそのイメージをつくりだす要素とは何でしょう?

「生地の質感」「色」「柄」3つの要素で醸し出されていて見た人が感じるのだと思います。

 

着物は男性がビジネスの場で必ず大きな成果が得られますが、その3つの要素を踏まえてどのような着物を選んだらいいのでしょう?

これから3回にわたって詳しくお話ししたいと思います。

第一回目の明日は「生地の質感」についてです。「そういうことなのか」と解ることもいろいろあると思います。ぜひ読んでくださいね。

 

山兵、京都さろんで

「着物体験」をしてみませんか。

 

1 お茶をしながらお話を伺います。

着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で活用できそうかお話しして伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 お好みと合えば試着していただきます。(反物のまま着物を着たスタイルに仕上げます)

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き   1,000

 

「体験プログラムをやってみたい」と思われる方は京都さろんへ来れそうな日を第一、第二希望をメッセージに書いてお申込みフォームを送信してくださいね。

山本由紀子

61,640 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。