最初を変えて良い循環を作り出す☆持続可能な夢の叶え方2

セミナー

新井和宏さんは以前は、何兆と言うお金を動かす世界でも指折りのトレーダーでした。

鎌倉投信を経て「良い会社を応援する」理念のもとに

共感コミュニティー通貨「eumo(ユーモ)」

という仮想通貨を作られました。

富が一部の人に偏ることを避けるために

ユーモは一定期間で消えて無くなります。

貯められないのです。

無くなる前に循環させることによって

幸せが循環するコミュニティーを作ろうとされています。

 

 

学校の授業で投資を教える相談があったときに、

「そもそもお金とは」を教える必要があると考えられて

お金の教科書」と言う本を出版されました。

 

 

私の本も「品格の教科書」教科書ばやりです^^

というか「そもそも何?」が論じられていることから

似たタイトルになったのでしょう。

 

 

サブタイトルが

「ありがとうをはこぶお金、やさしさがめぐる社会 」

 

 

全漢字にルビがふってあって、

子供から大人まで幅広く対象にしてわかりやすく書かれています。

 

 

この本が「お金」について

世代を超えて話し合う機会になって欲しいという

新井さんの意図です。

 

新井和宏さんのお話絵お直接聞く機会を得ました。

 

 

そこで感動したのは「順番を変える」と言う考え方です。

 

 

 

物を買うときにお金がないと支払いを先延ばしにして

リボ払いやローンで買うことになります。

そこでは金利が発生します。

金利分だけ余分に多く支払いをすることになります。

 

 

すると、次に物を買う時、お金はその分目減りするので

またローンなどを組むことになって、その循環は続きます。

 

 

そこで、初めを変えるのです。

 

 

ちょっと我慢してお金を用意してから買うのです。

そうすれば金利はつかず、そのものの値段だけで買えるので、

同じ給料でも使えるお金が増えるわけです。

 

 

要するに、最初をどこから始めるかによって

貧乏な循環になるか、

ゆとりある循環になるかが変わるというのです。

 

それは、お金だけではないと思いました。

 

 

私の夜型も全くそれに当てはまります。

最初を変えればいいのです。

 

 

夜、遅くまでズルズルと起きているから朝起きられず、

朝、頭が冴えたゴールデンタイムには頭がぼーーっとしています。

仕事は能率が落ちた午後に持ち越します。

いろいろなものが動いている時間は

予想していなかった他の用も入ってきて予定が狂います。

結局、また遅くまでかかって寝るのが遅くなる循環に陥ってしまうのです。

 

 

そこで、最初を変えればいいのです。

思い切って、1日だけ早く寝る、

 

午前中に能率を上げて午後はゆったり、

そして夜は早く寝る、

そうすれば良い循環に持ち込めるのです。

 

 

先日の合宿セミナーでは夜遅くまで話をしていましたが、

朝は5時10分集合で朝日を見に行きました。

眠たくてフラフラしましたが、

海から昇る朝日が見たくて早起きしました。

 

 

 

気持ちいい〜〜

お日様に祝福されているようでした。

 

 

昼からはかなり眠たく、夜はバタンと寝てしまいました。

あくる朝は、スッキリ!!!

 

よーーし、この循環で行こう!

このまま、早起きを続けようと思いました。

 

 

「初めを変える」

真理はシンプルです!

 

 

 

山本由紀子

244,611 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。