11月7日「イイオンナ推進プロジェクト」に出展させていただきます☆「幸せの循環」こそが心豊かな日々

イベント

イイオンナの日2021』に出展しませんか」と

マリリンから声をかけていただいたのは「品格の教科書」の出版の日にちが決まった頃でした。

 

 

マリリン、網野麻理さんと知り合ったのは昨年、

EMS(エッセンシャルマネージメントスクール)の仲間で吉野の修験道へご一緒した時でした。

 

 

「オーラが違う!なんと凛とした美しい人なんだろう」

今も黙々と歩まれるマリリンの後ろ姿が焼き付いています。

 

 

「ゆっこさんの本を多くの人に知ってもらえると良いですね。私と対談しましょう」と

マリリンはすぐに言ってくださいました。

「早いほうがいいですね」

とすぐに1週間後の予定を入れてくださいました。

 

網野麻理さんはプロフィール写真そのままです。素敵すぎます。

 

 

マリリンが超忙しいことはわかっていました。

対談の日はもちろん、その前に告知したり準備の仕事が増えるのは目に見えています。

私は心の中で手を合わせていました。

 

網野麻理さんとの対談した時のお話はこちらです。

ステキな憧れの女性、網野麻理さんと対談しました☆おしゃべり大好き!

 

 

 

 

個人の名前で勝負できる人はそんなに多くはありません。

グーグルで名前を入れて、名前や経歴やインタビュー記事が次々と出てくる人なんて少ないでしょう。

彼女が創業者で恵比寿ガーデンプレイスにオフィスがあると聞いただけで、

地方に住んでいる私でさえ、それは凄いことだとわかります。

 

 

そんなマリリンが東日本大震災のときに陸前高田市でボランティアをした時の経験から始まりました。

 

女性を応援したいと始められた「イイオンナ推進プロジェクト」

は新しい一歩を踏み出したいと思っている女性を後押しするための活動を展開し、

今年で11年目を迎えます。

続くのはに集う人の支持があってこそでしょう。

 

 

11月7日15時から講演させていただきます。

今年は「自分磨き」がテーマです。

 

それに合わせて「品格を磨く」というテーマでお話しします。

 

 

まさにそれは「網野麻理さんのあり方」ではないかと思います。

 

 

「人を思いやる気遣い」「謙虚な気持ち」

それは一見、自分を犠牲にしているように思えます。

しかし、自分が一人でラッキーなことに遭遇しても、成功してもそれで終わりです。

人が喜んでくださったら、喜びは倍にも3倍にもなって

自分に返ってきます。

 

「幸せな循環」こそが長いおつきあいを育み、

お互いにずっと幸せでいられることではないでしょうか。

 

 

「イイオンナ推進プロジェクト」で出展して

マリリンの思いに応えるには

参加していただいた方が「よかった!」と思っていただくことです。

精一杯の準備をして臨みます。

 

ぜひ、ご参加ください。

2021イイオンナの日WEBページはこちらです

https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2F1107woman2021.hp.peraichi.com%2F%3Ffbclid%3DIwAR1O-8lCQVEyR69wI7Le45ydeS41AfaeRAxg5jcU1nHUDCSKMiEaq-dtUrc&h=AT3kNltNnfOKqBeaXFrhZllm_yJ0NDLpS3K2oU5Y1Cj5sMFGplFM28SRBJ10Nihh8KmW2sc8gWn1NBUDC608GRj1oowdZcu7f34CR21HeczzoqX4WL-QWLQxelaQh0w94rk2u27RPck

山本由紀子

244,623 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。