卒業式はお誂えで上品に目立つ☆着物はずっと着られるものです。

由紀子の日々

「新幹線の中でも袴姿の子をたくさん見たわ」

時間は短めですが、今年はほとんどの大学で通常通り卒業式が行われます。

当サロンでも袴の着付けをさせていただきました。

 

 

「やっぱり可愛いね〜」

藤娘きぬたやの一目絞りの着物です。

「一目絞り」は細かい絞りで、線を表現するときに使いす。2、3回しか絞らないために1箇所でも糸が取れると1反全部が傷になってしまう難しい技法です。

 

 

袖をできるだけ長くしてお仕立てしたので、とってもかわいいでしょ。

当店では母か私がお客様の雰囲気やご要望に合わせて裁断しますので、想像以上にステキな仕上がりになります。

 

 

袖が長めなので卒業式にピッタリです。

 

パーティーやお友達の結婚式などにも華やかに着られます。

 

着物のジャンルとしては小紋になるので、ランチやお食事会など着たい時はいつでも着られます。

 

結婚後も袖を短くする必要はありません。

 

できるだけ袖を長くしました。特別なお誂えができるのは、私か母が全て裁断しているからです。

 

 

「作っておいてよかったわ〜」

「いろいろな色が入っているので帯も合わせやすいしね」とお母さま。

お母さまも日本舞踊を習っていらっしゃったので着物を選ばれる視点も確かです。

 

成人式に使われた髪飾りがあったので、袴の紐に飾りました。

 

学生さんは2月から春休みに入るため、早くにマンションを引き払っておられます。

卒業式はそのためだけに来られる場合が多いです。

 

 

そのため、当サロンでも毎年着付けをさせていただいています。

当サロンは幸い、京都駅や阪急、京阪からのアクセスも良く、市内の大学へも便利なので喜んでいただいています。

 

 

Kさまの場合は、

先に送っていただきサロンでお預かりし無料で着付けさせていただきました。

袴は当店で無料でお貸ししました。

終わったらサロンへ脱ぎに帰って来ていただき、そのまま京都でお手入れに出します。

Kさまは行きも帰りも手ぶらです。

 

 

夏休み頃から、生協などのパンフレットが送られてきて、

「袴はレンタルするもの」と思っていらっしゃる方がほとんどだと思います。

 

 

どこのカタログもあまり変わりません。

どんなに個性的にしようと思ってもどれも似た様なものになってしまいます。

 

 

着物はずっと着られるものです。

 

卒業式からずっといろいろな場面で着るのも素敵だと思いませんか。

 

「思い出に残る日になるといいな〜」と思いながらお見送りしました。

 

 

 

「品格の教科書」は全国の書店さん、

またはアマゾンで手に入ります。

 

 

 

 

山本由紀子

358,650 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。