• HOME
  • ブログ
  • 旅行
  • 夢は大きく一番を目指す☆米ディズニーランドを破ってギネスに輝いたえこりん村のトマト

夢は大きく一番を目指す☆米ディズニーランドを破ってギネスに輝いたえこりん村のトマト

旅行
「コレ、一本の木からなっているんですよー」えこりん村の村長、ハンバーグの全国チェーン「びっくりドンキー」の常務、庄司開作さんが説明していただけました。

一本のトマト専用の巨大ハウスです。こんなに大きくてもトマトの枝でいっぱいになってしまうのでが伸びすぎないように管理しなくてはいけないそうです。

「トマトの森」と書かれている大きなハウスの中に入るとそこには一本の木から真っ赤なトマトが鈴なりにぶら下がっていました。
「一粒の種から出た芽を一本の木に育てて、そこからコレ全部なっているんです」

 

指の上に乗ってしまう一粒のトマトから万のトマトができるなんて正に「一粒万倍」ロマンですね!

「一粒の種ってあのトマトに入っている小さな粒??」
「そうです」 ニコニコ

 

深さ10センチの水槽に細い根がビッシリ!! トマトの健全な成長を促すためにモーツァルトやインドの古典楽器シタールの音色を朝晩30分づつ聞かせるんだそうです。トマトもモーツァルトが好きなんですね🎵

 

「春に十粒ほど種を蒔いてそのうちの一番元気のいい子を育てるんです。初めは1万個を目指して、2013年にはアメリカのディズニーランドを破って「世界一大きなトマトの木」としてギネスに認定されました。」
普通、トマトは一本の木から20~30個収穫できると言われていますが今年はもう13000個以上実ったそうです。桁違いの収穫です!数を数えるだけでも大変な作業ですよね(^^;;
「次は2万個です。キリのいいところで!」笑

 

ハウスには次々とお客さんが入ってきて皆「へ~~、すごいね」「本当に一本の木なんだね~」感心することしきりでした。
信じがたい光景でしたがそれがギネスに載った実力ですね。
えこりん村のトマトの生育物語はこちらを見てください。
外では「トマトソフトクリーム」が売っていました。しつこさがなくとっても爽やかで、ちゃんとトマト味でしたよ。

 

トマトソフトクリームはえこりん村だけ?

 

なんでも1番でないと人の記憶には残りません。

 

山本呉服店の本店がある揖斐川町は今年3日続けて日本一の暑さを記録し、テレビでもなんども揖斐川町が連呼されました。何年も音信不通だった友人が3人も「大丈夫、どうしてる?」って心配してメールをくださいました(^^)その日だけが暑いのではなくいつも3番から5番目に名を連ねています。暑さは変わらないのにたった0.3度の違いでも1番でないと人の記憶には残らないんですね。一番であることは素晴らしいことなんだと思います。

説明してくださった庄司開作さん。

 

良い堆肥で育った草をいっぱい食べ、自由に農場を駆け回るストレスの無い放牧ブタ「粉雪とんとん」で作られたハンバーグやソーセージはいくらでも食べられました(o^^o) 美味しさ日本一!!

 

羊の飼育頭数も日本一だそうです。

ギネスに認定されたのは結果論です。
そういった苦労を微塵も見せずサラッと13000個だと言われる庄司開作さんの凄さを感じました。
「日本一」「世界一」と言えるっていいですね(^^)

 

どんなことでもいいから やるからには一番になる努力を徹底的にしてみたいと思いました。

 

いっぱい良い体験をさせて頂いて脳が柔らかくなりました🎵

えこりん村は札幌千歳空港からレンタカーで30分ほどです。いろいろな農場体験もできて食べ物も美味しい!!北海道旅行の行き帰りに絶対オススメのスポットです🎵

山本由紀子

136,407 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。