大文字山へ登ってコーヒーブレイクもいいけど「お抹茶ブレイク」☆清水焼のお気に入りのお抹茶茶碗で一服

京都さんぽ

新緑が爽やかな季節ですね。

京都では身近にある大文字山へ登る方も多いです。

 

大文字山は新緑で美しい

 

もともと、大文字山はご存知の通り、8月16日の夜お精霊さまを送るために京都市内を見下ろす五山に火を焚いて灯します。

それはそれは美しいです。

大文字の火を炊く場所が作ってあります。

 

ところで、そのあくる日17日の早朝にたくさんの人がその残った炭を取りに登ります。

昔はその炭を使ってご飯を炊くと一年無病息災で過ごせると言われています。

今もその習慣は残っています。

 

 

ところでそれ以外の季節でもとても眺めが良くて人気のスポットです。

どこからも送り火が見えるのですから、山の上からも市内全域が見渡せるということですね。

 

 

今は登山して頂上でコーヒーをたてて飲むのが静かなブームになっていますが、

京都ですもの、

お抹茶ブレイク、いかがでしょう?

 

素敵な時間だと思いませんか?

 

もう亡くなりましたが、世界の7大陸の最高峰を制覇した日本人の女性登山家の方はいつも頂上でお抹茶を立てて飲まれたと言います。

 

あなたもいかがでしょう?

 

大文字山でお抹茶ブレイク!こんなエスニックなお茶碗も面白いでしょ。

 

 

お茶碗は当サロンでも使っている清水焼の林さんの作品です。

先日、林さんのお店に伺った時、まだこれから火入れをするのですが、と

お茶碗を見せていただきました。

 

火入れをすると色が変わります。

 

焼き上がりは下のお皿のような感じの色になります。

 

 

林さんの奥様のデザインです。

焼きあがったら連絡してくださることになっています。

楽しみです!

 

 

[関連記事]

お気に入りのお茶碗を訪ねて☆清水焼のかわいい陶器たち1

お気に入りのお茶碗を訪ねて☆清水焼の茶碗が結んだご縁2

お気に入りの陶器を訪ねて☆清水寺の近くのカフェやお散歩スポット

 

山本由紀子

193,428 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。