• HOME
  • ブログ
  • きもの男子
  • 男性の着物は苦しくない!包まれている感覚です☆男性こそビジネスシーンで着物を活用して頂きたい!

男性の着物は苦しくない!包まれている感覚です☆男性こそビジネスシーンで着物を活用して頂きたい!

きもの男子

浜松ベジタブルの池田さんが自社の通信(新聞)に着物のこと、山兵京都のことを記事に書いてくださいました。思ったことを言葉にして人に伝えることはとても難しいことなのですが、実に理論的に書いてくださいました。素晴らしいです!それを交えてご男性の着物のことをご紹介します。

 

カット野菜を学校給食やコンビニなどへ提供している大手の「浜松ベジタブル」と熊本の「九国ベジフル」の通信に掲載して頂きました。

 

当店へ来ていただいた方には着物体験をしていただいています。経営者の友達が多いため、男性が多いのですが

「着物って苦しくないんですね?!」

と必ず言われます。呉服屋の私にしたら???

え~~っ、そんなことを思われていたの?

男性が着物を着ても苦しいわけないでしょ!帯の位置が低いしどこも締め付けてないんだからと思わず言ってしまったことも度々でした。

 

空手をやっていらっしゃった池田さんまで「窮屈そう」なんて思っていらっしゃったとは意外でした。

 

「窮屈そう」「動きづらそう」って誰が刷り込んだのでしょう? でも男性もほとんどの方がそう思われているのでしょうね。

女性の着物は腰紐の位置や締め方、帯によって一つ間違えば(下手な着付けをされれば)そういうこともあるりますが、少なくとも男性には全くありません!柔道着などの上着がそのまま長いだけですから。

 

池田さんならではの論理的な解説に納得する事ばかりでした。

 

むしろ着物に包まれている感覚です。

帯も下腹、丹田の位置です。池田さんの言葉を借りるなら「常に意識がここに落ち」「心と身体を整えてくれる」感覚です。

「緩さ」と「締め」の絶妙なバランスが日本人のアイデンティティーやDNAにフィットするとは空手を嗜んでいらっしゃった池田さんならではの鋭い気付きでしょう。

 

男性の帯は「丹田」への意識センサー☆座禅やマインドフルネスと同じように身体と精神を整えます。

 

池田さんに

着物を着て歩いただけでさまざまな視点を得ることができたのも「山本さん」という着物の世界を知り尽くしたメンターのおかげ、

と言っていただけて本当に光栄です!

 

着物にどっぷり浸かっている私こそ池田さんの新鮮な視点により気付いたことが山ほどあって、新たに私が「着物の伝導者」としてやらねばいけないことも沢山見えてきました。

本当にありがとうございます。

「ビジネスシーンで男性こそ着物を活用していただきたい」その思いを持って役立つ情報を発信していきたいと思います。これからもブログを読んでいただけたら幸いです。

あなたも「着物体験プログラム」をしてみませんか?

 

1 お茶をしながら雑談

着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で活用できそうかお話しして伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 お好みと合えば試着していただきます。(反物のまま着物を着たスタイルに仕上げます)

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き   ¥3,000

 

お申込みフォームに書いて送信してくださいね。

 

山本由紀子

132,682 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。