家紋は自分のファミリーヒストリーを語る☆家紋を付けた紋付を纏う重みに賞賛!

きもの男子

ノーベル賞授賞式での紋付姿の本庶さんが背負ったものはもちろん「日本」ですが、黒無地に白丸、くっきりと描かれた「五つの家紋」は代々引き継いだ家の誇りです。

黒無地に白抜きの紋がくっきりと見えます。前は胸に二つ後ろは背中心と後ろ袖両方です。   朝日新聞より

 

「家紋」のことをお客さまはよく「家のマーク」と言われますが、それぞれのお家で決まっています。江戸時代には武士や裕福な町人、役者などしか家紋は持たなかったのですが、明治になって庶民も姓を付けた時、全ての家に家紋が定められました。そこで親戚や同じ「姓」は同じ家紋となったようです。自分の家の家紋がわからない場合は出身地の同じ姓の方を辿ると分かる場合が多いです。

 

私が知る限りでは山本呉服店で2代目の紋帳です。大分使い込んであります。

 

目次は「いろは、、」名前は旧仮名遣いです。

 

呉服屋などには「紋帳」と言って何千もの紋の見本が載っています。目次は「いろは、」なのでいちいち「いろはにほへと、、」と最初から指折り数えないと何処を広げていいかも分かりません。おまけに旧仮名づかいなので手間がかかり、ちょっとした頭の体操です^^;;

 

びっしりと色々な家紋の見本が載っています。それでも掲載されていない紋は紋屋さんに見本を書いて貰って保存しています。

 

花や鳥などを図案化したもの、幾何学模様などいろいろあります。滋賀県は9割以上のお家の家紋が「五三桐」でほぼ決まっていますが、岐阜県はとてもいろいろあってこの紋帳にも載っていない紋が結構あって紋屋さん泣かせです。細い線1本にも厳しい土地柄です。

 

とは言っても桐、蔦(ツタ)、鷹の羽、片(カタバミ)、藤、木瓜(モッコウ)などの紋は多いです。なので紋付などの貸衣装には多くの人に当てはまるよう一般的な「五三桐」や「蔦」が付けてあります。

一番多い「五三桐」は上の葉っぱが五枚と三枚です。

 

 

呉服屋で紋帳が活躍するのは男の子が生まれた時です。今は写真館などで借りて終わりというのも多いのでしょうけど、呉服専門店へ来てくださる方は紋に拘られます。男の子はその家の継承者として熨斗目(のしめ:男の子が生まれた時の着物)に正式な五つの家紋を入れてお祝いします。

 

七五三の前撮りをご家族揃ってお祝いされました。子供さんの着物は生まれられた時のお祝い着です。大人と同じ大きさの家紋が胸に二つ、後ろに三つ入っています。       山本呉服店、撮影会より

 

自分のルーツや代々のファミリーヒストリーを背負った家紋を身に纏うって素敵ですね。紋付姿が世界で話題の今、あなたの家紋を知っておくのもいいですね。

 

あなたも「着物体験プログラム」をしてみませんか?

 

1 お茶をしながら雑談

着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で活用できそうかお話しして伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 お好みと合えば試着していただきます。(反物のまま着物を着たスタイルに仕上げます)

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き   ¥1,000

 

お申込みフォームに書いて送信してくださいね。

山本由紀子

63,273 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。