お寺でカフェ?ランチ?雑貨屋さん?オシャレな仏光寺☆ゆったりくつろげる心のオアシス

京都さんぽ

京都市の中心にある大きなお寺「仏光寺」は東西の通りの名前にもなっている大本山です。京都の中心にあって私の中ではだだっ広くてがらーんとしているイメージです。でした!

サロンからもそう遠くないし、仕入れに行っても近くなのでよく通りかかりますが、入ったことはありませんでした。どこも周りは長~い長~い塀で囲まれています。

塀の外に小さなA型看板を見つけました。

 

道に置かれた小さな看板ですが、お寺と違和感があってよく目立ちます。

「カフェやってるの?」

お寺の境内に初めて入ってみました。

 

すご〜く綺麗にしてありました。まだ桜が残っていました。

境内には大きなイチョウの木が細かい若緑の芽をいっぱいつけて、とっても爽やかでした。

 

本堂から手洗い場の向こうの建物がカフェでした。

 

レトロな御釜がありました。外国人の方達が足を伸ばしてゆったりくつろいでいらっしゃいました。飲み物類はテイクアウトもできるので、縁側に腰掛けて、境内を眺めながらいただくのもいいですね。

 

カフェの入り口です。

 

(写真まいぷれより)

 

カフェにはちゃんと仏壇もあってちょっと笑っちゃいました^^(写真右側)椅子は天童木工製、低い和室用の椅子なので足も姿勢も楽です。こだわっていますね〜!

コーヒー、日本茶のほか、デザート類もあります。最中やぜんざいといった和菓子のみならず、蒸しパンやクリームあんみつ、夏季限定ですが、かき氷もあります。

 

カフェメニューの他にランチもあります。京都定食はヘルシーな一汁三菜。お寺らしいですね。 (まいぷれより)

 

京都の地野菜、「こんぶ土居」の天然真昆布、「タイコウ」のかつお節から引く出汁を使った具沢山の味噌汁、「志ば久」・「総本家近清」の京漬物、減農薬京丹後産コシヒカリを使用、旬ごとに変わる一汁一菜の定食です。白味噌の味噌汁は京都らしいです。

 

カフェに向かって右手の建物は、ナント雑貨屋さんです。カフェで使っている食器などもここで買えます。ブラ〜っと見て歩くのも楽しいですね。

 

カフェを出たところには

 

??? 笑えますね。

お寺さんもやるな〜〜〜! って思いました。

「静かで心が落ち着く」というお寺のコンテンツを見事に生かしたカフェと雑貨屋さんでした。

歩いてどこでも見て回るものですね。楽しい京都お散歩でした🎵

 

何か一つ欲しいと思ったら「京裳苑」行きましょう!

 

第42回 京裳苑

◾️  とき   5月31日 (金) 6月1日(土) 2日(日)

◾️  場所   京都 みやこメッセ 1階  ( 平安神宮前 )

◾️  入場料  無料

ご予約を頂いた方のみにご招待状をお送りします。

「京裳苑」ってどのような催し? どんな内容なの?

 

6月は着物のメーカーさんが秋冬物の新作を業者に向けて一斉に発表する時期です。それをいち早くお客様に直接見ていただこうと始まったのが「京裳苑(きょうしょうえん)」です。今年で42回目になる京裳苑は岐阜の着物専門店、山本呉服店が一社で主催し一流のメーカーさんたちがみやこメッセの広い広い会場に見渡す限り一堂に出品してくださる業界でも唯一の素晴らしい展示会です。

3日間の会期中はそれぞれのメーカーさんの社長さんもしくは制作責任者の方々が会場へ来て頂け、自社のこだわりや制作秘話、思いなどを直接聞けるのも楽しみです。自分の手に入れたものがどのようなものであるかを知るとかけがえのない大切な宝物になります。

42年続いているのはひとえにお客さまの支持があってこそです。結婚前に親子で京都で選んで作っていただいた思い出と変わらぬ色柄の良さで、また代が変わっても親子、孫と一緒に京裳苑で選びたいと来ていただいています。

よろしかったらご案内をお送りしますので、お申込みフォームにアドレスをお知らせください。ご案内状もありますので送って欲しいという方はメッセージの欄にご住所を書いてください。

 

山本由紀子

45,124 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。