新緑の山登りで思ったこと

由紀子の日々

「上手くなろうと思ったら数稽古しかないですから」

何となしにつけてあったテレビの対談で俳優の唐沢寿明さんが言われました。その言葉を聞いてズキっとしました。

 

 

「どんなことがあっても毎日更新する」と決めていたブログの更新がこの頃滞っています。やれない理由はいくらでも浮かびます。

自分との約束を破ると自分への信用「自信」がなくなります。

「自分ってダメだな~」なんて思ってしまいます。それが続くと潜在意識に深く食い込んで、本当にダメ人間になってしまうような気がします。

それだけはどうしても避けたいと思いました。

 

 

 

 

風薫る5月、まさに昨日はとても気持ちのいいお天気でした。新緑に誘われて、気分転換に裏山「播隆さん」へ主人と登りました。

江戸時代、天保年間に播隆上人が浄土宗を広めるために開いた「播隆山一心寺」は西美濃三十三番霊場七番の札所です。その上に斎藤道三に滅ぼされた揖斐城の址があります。

海抜350メートルほどの山は2、30分で登れます。というのも階段が急だからです。

久しぶりの山登りにハアハアとだんだん言葉少なくなり、登ることに集中!

 

空気が澄んでいると名古屋のツインタワーまで見えることもあります。

 

途中の展望台まではほんの10分ほどで着きました。目の前に広がる下界の景色に胸がスーーーッとしました。美しい新緑に囲まれた山では、爽やかな風が優しく通り過ぎていきました。

「急階段をさっさと脇目も振らずに登れば、いい景色にたどり着くんだなあ」

来てよかった~!

 

 

息を切らせながら階段ばかり見つめていると苦しいことばかりですが、山の上の景色を見ればそれも良かったと思えます。

「苦しい階段を登るには、山の上に登った景色を思い浮かべればいいんだ」

 

 

 

この時期、直近だけ見ていたら疲れます。家に閉じこもっていつになったら外へ出られるんだろう、なんて考えていたら暗くなります。

私も毎日ブログを書くことを義務のように感じて足元だけ見ていたらしんどいです。一方で本を書くと決めたからには「数稽古」毎日文章を書かなければ先には進めません。本とブログとは違うと言われますが、何もしなければ「書きたい、書きたい」と負け犬の遠吠えのようです。

 

明るい景色を妄想して自分自ら変化していくのを愉しむ、そして今できることに気付き一歩づつでも着実に前へ進むしかないと思いました。

 

 

家にばかり閉じこもらないで、身近にあるのに日頃しないことをやってみるのもいいですね~!

思ってもない、意外な気付きが待ってるかもしれません。

 

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

おうちにゆっくりしている時間に

タンスの中の着物を整理してみませんか。

 

着物相談、承ります。

 

相談料は 3,000円/1時間 (税別)

純粋に一番良いと思う方法をいろいろご提案させていただく料金です。

他店やネットでお求めになっても一向に構いません。

 

まずは、「こんなことで困っています」「どうしたらいいでしょう」

お問い合わせに書いてください。

ある程度のことはメールでもご相談に乗れると思います。

メールによるご相談は無料です。

その上でお考えいただいても結構ですよ。

ご相談はこちらから

[関連記事]

「お母さんの着物が着たい」ご相談を承ります☆多方面に渡る知識と総合力でご提案します。

 

 

山本由紀子

135,908 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。