「着物ってかさばる?」いいえ、畳めばとてもコンパクトなんです☆着物あるある勘違い2

きもの豆知識

「着物って持って歩こうと思ったらかさばるんじゃないの?」エーー、全くそんなことはありません!勘違いです。

確かに脱いだ時は山のようにかさばります。

着物を脱いだままだと山のようです。きっとこの状態をイメージするので着物ってかさばると思われるのでしょうね。

 

畳むと

こんなにコンパクト!A4くらいの大きさになります。

着物は畳むとA4くらいの大きさになります。

 

厚みも本2、3冊くらいでしょうか。

 

着物と長じゅばんと帯をそのままキャリーバックに入れてみてもこのくらいの量です。

 

 

機内持ち込みができる普通の大きさのキャリーバックに入れてみました。他のものがまだ入ります。

 

着る時の小物を詰めてもまだ十分入ります。

 

着付け用の小物を入れてもまだまだ他のものが入ります。あとは草履ですだけです。靴に比べて草履も平たくかさばりません。

 

洋服は体に合わせて立体裁断されていて、丸みがあったりパットが入っていたりするので畳むとかさばります。ジャケット2枚なんてすごい量ですよね。

着物は平たい布です。畳めばピッタリ収まって小さくなるんです。

 

着物がかさばる、というのは大変な勘違いなのがわかっていただけたでしょうか。

 

何か一つ欲しいと思ったら「京裳苑」行きましょう!

 

第42回 京裳苑

◾️  とき   5月31日 (金) 6月1日(土) 2日(日)

◾️  場所   京都 みやこメッセ 1階  ( 平安神宮前 )

◾️  入場料  無料

ご予約を頂いた方のみにご招待状をお送りします。

「京裳苑」ってどのような催し? どんな内容なの?

 

6月は着物のメーカーさんが秋冬物の新作を業者に向けて一斉に発表する時期です。それをいち早くお客様に直接見ていただこうと始まったのが「京裳苑(きょうしょうえん)」です。今年で42回目になる京裳苑は岐阜の着物専門店、山本呉服店が一社で主催し一流のメーカーさんたちがみやこメッセの広い広い会場に見渡す限り一堂に出品してくださる業界でも唯一の素晴らしい展示会です。

3日間の会期中はそれぞれのメーカーさんの社長さんもしくは制作責任者の方々が会場へ来て頂け、自社のこだわりや制作秘話、思いなどを直接聞けるのも楽しみです。自分の手に入れたものがどのようなものであるかを知るとかけがえのない大切な宝物になります。

42年続いているのはひとえにお客さまの支持があってこそです。結婚前に親子で京都で選んで作っていただいた思い出と変わらぬ色柄の良さで、また代が変わっても親子、孫と一緒に京裳苑で選びたいと来ていただいています。

よろしかったらご案内をお送りしますので、お申込みフォームにアドレスをお知らせください。ご案内状もありますので送って欲しいという方はメッセージの欄にご住所を書いてください。

 

 

 

山本由紀子

67,564 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。