着物は着方によって、着る人のイメージも決める

セミナー

「これでようやくわかりました、すっきり着られて嬉しいです」笑顔で喜んでくださったのは着付け教室へ何回も来ていただいているS様でした。

 

今日は岐阜で着付け教室でした。午前中は初心者の方と「かめコース」でした。「かめコース」はゆっくり焦らず楽しみながら着物が着られるようになったらいいなという方のコースです。

午後からは上級者コースでした。中でもSさまは着物歴もう20年以上、自分ですいすいと綺麗に着られる方です。ただ、襟が立って首が擦れる、襟がキリッと決まらないのが悩みでした。

長く自分で来ている方には、自分の癖があります。その癖がどこからそうなるのかを探すのは意外と難しいことです。

 

 

ところで、今日は一番むずかしい縮緬(ちりめん)の小紋の着物を持って来られました。

縮緬は高級感があります。私も好きでよく着ますが、着方によって特にイメージが変わる着物です。ダラっと着ると疲れたような感じ、下手をすれば、だらしない感じにも見えてしまいます。

 

 

まず、着丈が長く、おはしょりも少し長すぎました。そのままだと足が短く見えてしまいます。

少し短くすればいいだけだったので、腰紐を太いものに変えて、少し上の方で腰紐をしていただきました。

 

 

上の写真は細い腰紐です。太い紐は幅が段分違います。その分、おはしょりが上へ上がります。

 

細い紐と太い紐とでは幅が違います。

 

 

 

腰紐の幅だけで腰から上の長さが減り、おはしょりを下ろすと少し短くなりました。

 

 

 

Sさまの襟の悩みの原因はやはり着る時の手つきでした。

襟が立つような癖になっていたのです。目の前でお教えすれば簡単なことですが、文章では分かりにくいので省略します。

襟がデコルテあたりにフィットし、胸元がすっきりしました。

胸元がすっきりすると、キリッとしたイメージになります。

 

 

着物は着方によって、着物の見栄えが変わり、着ている人のイメージまで決めてしまうものなのです。

 

着物は着ているだけで目立ちます。

「着物が自分で着られる」というレベルでなく、着方によってどう見られるかまで考えられるようになると着物上級者です。

これで良しとせず、もっと綺麗に着られないかな?と研究する気持ちを持ちたいものです。

もちろん私も同じです。

コツを手に入れて笑顔になられたSさまを見て、改めてそう思いました。

京都でも来年からのきもの塾を募集しています。自分で着られるんだけど、

一度、きちんと習いたい

もっと楽にきれいに着られたらいいな〜、

1回づつでコツをお教えしますので、問い合わせからメッセージをくださいね。

もちろん、初めからきっちり覚えたい方も大歓迎です。

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

お申込みはこちらから

 

着物まわりの雑学にも詳しくなります。

自分で着物を着られたら嬉しい〜🎵

 

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

 

最大限  2名までの個人レッスンです。

 

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

なぜ?から学ぶ着方教室

       1回 3,000円

ご都合の良い日を打ち合わせて決めまさせていただきますのでお申し込みフォームに書き込んで送信してくださいね。

 

お問合せは こちらから 

 

申し込みはこちらから

 

 

山本由紀子

148,472 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。