お盆に祖父を思う☆古い文献が語るもの

由紀子の日々

母がお仏壇のお磨きさん(仏壇の飾り物を磨く作業)の時見つけた文箱を整理していたら、いろいろなものが入っていました。戦前戦後、祖父に関するものも多くありました。

文献によっては変体仮名や昔の漢字が多く、なかなか読めません^^;

 

繊維品がどれだけあるか調査させて配給制に移行したようです。

 

戦争が激しくなって物資がなくなり有るものを調査し配給制になリました。国から切符が発行され物と引き換える店として山本呉服店は地区の繊維品を一手に扱っていました。その依頼書や感謝状が残されていました。それも昭和17年までです。18年は統制に変わったのでしょう。発行先が警察からの威圧的なものに変わっていました。敗戦に向かっていた19年は無くなっていました。

 

戦争の悲惨さは私も知りませんが、代々それぞれにとても大変な時代を生き抜いて商いを続けてきたことはわかりました。

 

私はほとんど祖父とは話したことはありません。

父が話してくれたのは戦前に地域一番店だったから配給元になったんだ。戦後、物資のない時代には国からの物資は止まり、売るものがなくなりました。闇市で儲けた店がどんどん大きくなってうちはどんどんお客様をなくしていったそうです。でも祖父の性格ではそのような商売はできなかったのだと。

 

正しい商いを曲げずに山本呉服店の信用を守ってくれた祖父を誇りに思います。

 

私に話してくれた父も同じ思いだったと思います。

 

 

先祖たちはそれぞれの代には困難なことを乗り越えて商いを繋いできてくれました。それを思うとき、先祖の生き様に恥じない誠実な商いの精神を注いでいきたいと思うのです。

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

着物の知恵を知って、自分で着物を着られたら嬉しい〜🎵

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

最大限  2名までの個人レッスンです。

 

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

なぜ?から学ぶ着方教室

6回 18,000円

 

*ご都合の良い日をお申し込みください。

上記以外でもお受けできる場合がありますので問い合わせフォームに書いてくださいね。

 

 

 

山本由紀子

39,460 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。