お抹茶を買いに歩く楽しみ☆お抹茶キッチンドリンカーのコツ3

京都さんぽ

お抹茶を買い歩くのも楽しみの一つです。

最近は四条の福寿園さん、祇園の辻利、近くの西洞院の小山園さんで買います。

お抹茶は何で選んだらいいか分かりませんよね。

 

どこもとても丁寧にお話ししてくださいますので、疑問に思うことは何でも図々しく聞いてみることにしています。

 

「何かお勧めはどれですか」と漠然と聞いてもお店の方も困ってしまいます。というかまあ、一般的なものをお勧めしてくださいます。

 

お抹茶には「お好み」というものがあります。

 

例えば「裏千家お家元のお好み」とか「大徳寺の○○院お好み」とか御用達があります。その方が選ばれていつも使われているのでそれを尋ねてみるのもいいですね。

 

私はある所でいただいたお茶が美味しかったので、そのお店へ行って「○○さんでお使いになっているお茶をください」と買いに行ったことがあります。そうするとちゃんと調べて教えてくださいました。

 

またある時は「○千家のお家元さんのお好みのはどれですか?」とお聞きすると、これが今のお家元のお好みで、こちらが先代のお家元のお好みですと2種類づつ出してきてくださいました。

 

「どちらを選んだらいいのかわからないんですけど、お値段の差は何ですか?」と聞くと

「好き好きでしょうけど私は前の宗匠のでいいと思いますよ。お好みを決められた時代が昔なので昔の値段のままなんです」と言われました。

「へー、そんなものか」もちろん安い方の前の宗匠のお好みを買って帰ったことは言うまでもありません。私の舌ではそれほど違いが分かるほどではありませんもの(笑)

 

四条の福寿園さんは大きなビルでお抹茶は地下で売っています。ゆったりした接客が気に入っています。上の階はカフェやイタリアンの店になっています。

 

祇園の辻利さんは、かの有名な抹茶パフェで行列ができるお店です。パフェはお二階なので階段からずらりと行列ができていますが、お茶を売っている1階の店舗は空いています。

パッケージがかわいくてプレゼントにいいな~と思ったりして、雑貨屋さんを見ているような楽しさがあります。

何を聞いても親切に教えてくださいます。

 

 

一番よく買いに行くのはお散歩のついでに西洞院御池下ルの小山園さんです。

 

特に夏向きには氷で立てられる抹茶があって話題にもなるのでおもてなし用にいつも準備しています。

 

暑い中を歩いて来てくださった方に意外性とともに、とても好評です。

 

とてもキメが細かいから氷水でも点てられるんですって。

 

氷水で点てられるお抹茶は2種類あります。

 

ほんのひと口ですが、美味しいお茶を出してくださるお店が多いです。

お茶屋さんを巡るのも楽しいですよ〜♪

 

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

京都店を再開しました。ご来店のご予約をお待ちしています。

 

お着物のご相談だけでなく、京都(関西)へ行く予定が入ったから寄るよと言ってくださる方も大歓迎です!
相変わらず、岐阜と東京などの出張、仕入先との打ち合わせなどで留守にすることも多いと思いますが、できる限りご予定を合わせて楽しい時間を過ごしたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
                          山本由紀子

 

7月から京都店でも着付け教室を再開します。

ご都合が良い日をお知らせください。

着物まわりの雑学にも詳しくなります。

自分で着物を着られたら嬉しい〜🎵

 

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

 

最大限  2名までの個人レッスンです。

 

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

なぜ?から学ぶ着方教室

       6回 18,000円

ご都合の良い日を打ち合わせて決めまさせていただきますのでお申し込みフォームに書き込んで送信してくださいね。

 

お問合せは こちらから 

 

申し込みはこちらから

 

山本由紀子

133,444 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。