「品格」とは何か?☆大久保寛司さんの教え2

本の出版

「品格とは何か?」

まずはその問いを自分に投げかけました。

 

 

品格は形ではない、

マナーを身につけたくらいでは表面的なものでしかない。

形を完璧に身につけた人が必ずしも品格ある人とは思えない場合も多い、

生き方?そんな刹那なものではない、

 

 

内側からにじみ出てくるもの、

 

ぶれない「あり方」

 

そう気付いたのは、大久保寛司さんとの出会いでした。

 

 

 

ほぼ毎月、寛司さんの勉強会に参加すると

 

何か温かいものが内側に湧いてくる不思議な感覚がしました。

 

 

「あり方で生きる」

本に項目ごとに書いてあるのはエッセンス。

その内容はとても深く、

 

身につけて、いつでもそう「あり続ける人」は

間違いなく品格があると言えるでしょう。

 

それは寛司さんとの出会いで自然に導き出された答えでした。

 

 

原稿を校了して寛司さんに読んで頂きました。

「素晴らしい内容ですね。」

褒めていただけてホッとしました。

 

とりあえず、試験にギリギリの合格点をもらった気持ちでした。

 

 

その後、元リッツカールトンの総支社長、高野登さんをご紹介くださって

紹介文を書いていただけました。

 

 

もう、夢の中にいるようでした。

 

 

そこに至って、ようやく

「ひょっとしたら、この本は読んでいただいた人に少しはお役に立てるのかもしれない」

 

 

と思えたのです。

 

 

その後、本の出版日が決まりました。

サンマーク出版さんの中でサキ読みが始まりました。

それらを知っていただくために何回か、講演会をすることになりました。

 

 

もともと、人とおしゃべりするのが大好きな私は

上がることもないし、

いつも通り、

「喋るのはどうってことないわ」

なんて思っていました。

 

 

それこそが、大きな落とし穴だったのです。

 

続く

 

 

「幻の哲学者」大久保寛司さんにお会いできます。

「品格の教科書」出版記念パーティー

にぜひご参加ください。

 

■ 時   11月28日(日) 19時〜21時半

■ 所   京都、SoudoH  (ソウドウ)

 

京都は「錦秋」ちょうど紅葉真っ盛りで最も美しい季節です。

 

ホテルもとても安いので、ぜひ京都でごゆっくりされませんか。

いろいろな企画も計画中です。

 

京都で特別な時間を過ごしましょう。

着物で参加も大歓迎です!

 

お申込みはこちらからもできます。

お名前などを書いてお送りください。

山本由紀子

244,607 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。