• HOME
  • ブログ
  • 着物
  • 着物をスッキリ脚長に着る方法、その2☆椅子席なら着物を細めに合わせる。その基準は

着物をスッキリ脚長に着る方法、その2☆椅子席なら着物を細めに合わせる。その基準は

着物

「脚を長くスッキリ見せたい!」着物を着る時に3つのポイントがあります。

着物は腰から下は四角い布を巻きつけます。いわゆる長方形になります。それを「裾すぼまり」台形をひっくり返した形にすると細く見えることは前回お話ししました。

こちらも読んでくださいね。

着物の着方にはワケがあります☆脚長にすっきり見せる3つの方法、その1

着物を合わせる時に前幅を広くすれば当然太って見えてしまいます。当たり前ですが、

必要以上に前幅を広く着ないことです。

 

どちらが細く見えるでしょう?

 

 

 

下の写真の方が細く見えますね。

 ではどのようにしたらいいのでしょうか?

 

上前の端(右手側)は腰骨が隠れるだけ、それ以上は広くしません。横幅を広くすると当然太って見えますものね。

 

 

左手を自然に下ろすと中指の位置が左脇の縫い目になります。

その時、衽(おくみ)の縫い目線は自分の中心です。自分で着る場合はこの線が自分が下を向いた時まっすぐ下に伸びていればいいのです。

 

体の中心線に衽の縫い目が通っています。自分が見て真下に線があるが基準です。

 

合わせ過ぎるとこの線が右手側に寄り太く見えます。

 

左手を下ろした時に中指より前に縫い目が来ています。これは前はばを合わせすぎていて太く見えます。

 

この基準はもちろん身幅がその方の寸法にあっている場合です。

 

 

以前は畳のある和室で着物を着る場合が多かったので立ったり座ったりするために前幅を広めに着ないと裾が広がってしまうことも多かったのです。今でもお茶をされている方は少し前幅は広めの方がいいと思います。

 

畳の上でも椅子席が多くなっています。

 

結婚式場、ホテルを始め和食の料亭でもほとんどが椅子席です。その場合、それほど前幅を広く着なくても着崩れすることはないです。

それより着姿がすっきり見えた方がいいメリットが多く、着物をお着せする場合も私は変えています。

着物は元々ハイウエストで脚を長く見せるデザインです。脚長効果をさらにうまく見せるのは着方の技術です。その理屈を知って着るといいですね。

 

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

[基礎編]

水曜日の午後 1:30 〜 3:30   その後ティータイム 30分

9月26日(水)終了、 10月14日(水) 11月14日(水) 28日(水)  12月5日(水)  19日(水)

日曜日の午後 2:00 〜 4:00   その後ティータイム 30分 

10月7日(日)終了、11月4日(日) 18日(日) 12月2日(日)

 

最大限  3名までの個人レッスンです。

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

会費        18000円    (6回分)

* [基礎編]の後も個人の進行具合に合わせてお稽古を続けられます。

お申し込みはこちらのフォームに書き込んで送信してくださいね。

* ゆっことお話し会・着物体験付き

山兵、京都のさろんでゆっことお話し会をしましょう。
着物の話だけではなくその時々の雑学を含めてどんなお話になるかは来てくださった方次第、話の成り行き次第です(笑)「とっても居心地がいいね~、いつまでも居たい感じ」と来てくださった方が皆さん口を揃えて言われる「秘密のお部屋」でお茶しながらゆったりした時を過ごしましょう♪ もちろん着物体験もできますよ(^^)
● とき  10月16日(火) 14時~16時
        21日(日) 10時30分~12時30分
                14時30分~16時30分
     11月24日(土)  14時~16時
     12月11日(火)  14時~16時
● 場所  山兵、京都さろん
● 会費  1000円
着物に関するお話でなくても美味しいお店のお話しや経営のお話しも大歓迎!楽しくお話できて一緒に元気になれればいいですね。楽しい時間を過ごしましょう🎵

 

山本由紀子

61,635 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。