• HOME
  • ブログ
  • 着物
  • 神は細部に宿る!衿芯は見えないけど着姿を左右する大切なものです☆衿芯の選び方と片付け方

神は細部に宿る!衿芯は見えないけど着姿を左右する大切なものです☆衿芯の選び方と片付け方

着物

「衿芯がこれでは使えないですね」今朝も早朝から着物をお着せしました。お茶会、結婚式、七五三、お友達と京都へ、、、着付けする時いつも気になるのが衿芯です。

襟元がスッキリしていてとても素敵ですね!このカーブを襟の中で支えているのが衿芯です。

 

衿芯は衣紋をスッキリ綺麗に抜くために長襦袢にかけてある半襟の中に入れて着るものです。それがぐちゃぐちゃだったりベコベコしたりしていたら着物全体が情けない着姿になってしまいます。

特に大切なのが襟の後ろ中心です。綺麗なカーブを描く襟は素敵ですね!

 

長襦袢の畳み方は着物とは違います。

 

 

長襦袢は襟の中心に折り目をつけないように畳みます。

 

長襦袢を畳む場合も着物と同じ畳み方をせず、左右から拝み合わせに畳むのは襟の真ん中に筋を入れたくないからです。

 

真ん中でペキンと折れてしまっています。

波打った衿芯を入れるとそのまま襟もいびつに波打ってしまいます。

 

細長いので二つ折りにして収納したり持ってこられることが圧倒的に多く、肝心な中心部分で折り目がついていては使えません。他の着付け小物の間に紛れて波打っているのも襟がそのまま波打ってしまいます。

 

衿芯の片付け方と持ち運び方

・着物を脱いだらすぐに衿芯を抜き、ハンガーにかけて干します。

着物を脱いだら長襦袢に掛けてある半襟の中から衿芯を取り出しておきます。

・片付ける時はタンスに伸ばして入れておきます。

・持ち運びする時はくるくると巻いてゴムで留めておきます。

 

 

衿芯の選び方

・長襦袢の衿幅いっぱいの広い幅の衿芯を選びましょう。<上の写真のような掛襟いっぱいの幅のもの>

細い衿芯は下へ落ちてしまい肝心な見える部分になく、せっかく衿芯を入れても入っていないのと同じことになってしまいます。

半襟の幅より狭い衿芯では下に落ちてしまい、見える部分がしゃんとしません。

・長さも十分長いものを選びましょう。

・シャンとした素材を選びましょう。

 

衿芯って着物の小物の中でも脇役で全く見えないものですが着姿を決めるとても大切なものです。その意識を持って扱っていただけると着物も素敵に着られますよ。

 

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

[基礎編]

水曜日の午後 1:30 〜 3:30   その後ティータイム 30分

9月26日(水)終了、 10月14日(水)終了、 11月14日(水) 28日(水)  12月5日(水)  19日(水)

日曜日の午後 2:00 〜 4:00   その後ティータイム 30分 

10月7日(日)終了、11月4日(日) 18日(日) 12月2日(日)

 

最大限  3名までの個人レッスンです。

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

会費        18000円    (6回分)

* [基礎編]の後も個人の進行具合に合わせてお稽古を続けられます。

お申し込みはこちらのフォームに書き込んで送信してくださいね。

* ゆっことお話し会・着物体験付き

山兵、京都のさろんでゆっことお話し会をしましょう。
着物の話だけではなくその時々の雑学を含めてどんなお話になるかは来てくださった方次第、話の成り行き次第です(笑)「とっても居心地がいいね~、いつまでも居たい感じ」と来てくださった方が皆さん口を揃えて言われる「秘密のお部屋」でお茶しながらゆったりした時を過ごしましょう♪ もちろん着物体験もできますよ(^^)
● とき  11月24日(土)  14時~16時
     12月11日(火)  14時~16時
● 場所  山兵、京都さろん
● 会費  1000円
着物に関するお話でなくても美味しいお店のお話しや経営のお話しも大歓迎!楽しくお話できて一緒に元気になれればいいですね。楽しい時間を過ごしましょう🎵

 

山本由紀子

63,053 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。