• HOME
  • ブログ
  • 着物
  • 着物のコーディネートで私が気をつけているポイント☆「褒めていただきました」と嬉しいメール

着物のコーディネートで私が気をつけているポイント☆「褒めていただきました」と嬉しいメール

着物

とっても嬉しいメールを頂きました。

来年の成人式にお母さまの振袖をお嬢さまにお似合いになるようにコーディネートさせていただきました。

 

お母さま、Mさまからのメールです。

 

*  *  *  *  *

こんばんは。

成人式の前撮りをしてきました。

写真館の着付けの方に着物のセンスが良いと褒めて頂きました。色々良いのを選んで頂きありがとうございました。

帯や小物、素敵に合わせてくださり、写真館の方にたくさん褒めていただいて、とても楽しい時間でした!

ですので、山本さんに感謝、感謝です

*  *  *  *  *

 

[Before]  お家にあった着物と合わせてあった帯、小物はコレでした。

 

 

お嬢さまMさまは色が白く、目はぱっちり、ご希望のイメージは「カッコよく着たい」でした。

 

コーディネートでの問題は2つでした。

1、着物と帯が似た感じで溶け込んでいます。

2、重ね襟(伊達襟)、帯揚げ、帯締めが全部、赤で統一されています。

 

このまま着ると可愛らしく、ぼんやりしたイメージになってしまいます。カッコよいイメージからはかけ離れてしまいます。

 

反対色の黒地の帯を合わせました。キリッとさせることで、カッコ良いイメージに近づけました。

 

 

着物も帯も伝統模様で雰囲気も合っています。ほどよく着物の中の色も帯の柄に入っていて馴染みも良いです。

 

2番目の問題

全部を同じ色にすると統一されて良いと思われるのは間違いです。

 

重ね襟、帯揚げ、帯締めは必ず、ご本人さまが着てみて全体のバランスで一つづつ決めるのがベストです。

 

くれぐれも下に並べてみただけで決めると間違います!

 

 

メールいただいてMさまがとっても綺麗で、喜んでくださったことが私も自分ごとのように嬉しかったです!そこで写真とメッセージをブログに載せさせていただきたいとお願いしました。

お母さまMさまから、もう一通メッセージをいただきました。

 

*  *  *  *  *

こんばんは。
実家に私のと妹のと2枚の振り袖があり、私は当然、娘はどちらかを着るものと思っていました。
ただ、送られてくる成人式のカタログを見ていて、今の振り袖の艶やかさを思うと、M(お嬢さま)はこれでいいかなあと思っていました。

また、服の趣味も違うので、伊達襟や帯揚げで Mらしいものなればいいなと思っていました。 今回、改めて写真を見て、Mに似合ってるし、またこの着物の良さも出ていて、母もとても喜んでいました。
こんな風に帯や小物を選んでくださったことに有難いと思うし、
そんなセンスや、着物、着る人を思って選んでくださる方、お店と出会えてよかったと思っています。

そんなお仕事をしておられる山本呉服店さんの宣伝になるなら、ブログに載せていただくのは全然構わないし、
それを読んだ方が、昔の着物でも合わせ方によって随分活きるんだと思ってもらえたら嬉しいですね。

*  *  *  *  *

 

メッセージを読みながら、熱い思いがこみ上げてきました。

この仕事をしてきて本当に良かった!私が今までやってきた知識や技術がお役に立てて喜んでいただけたことが嬉しかったです。

Mさま、温かいメッセージをありがとうございました!

関連記事

着物は小物でイメージが全く変わります☆成人式の振袖のコーディネートはこう考え、この様にします1

 

「小物でこんなに変わるのね!」着物は今どきの小物の色を加えて新鮮に☆お母様の振袖は小物を変えるとお嬢さまが輝きます2

 

帯は着る人に合わせる!自分に合う帯は着物が変わっても合います☆お母さまの振袖「ママ振」も帯で蘇ります3

 

写真を見てMさまに選んだ振袖とは☆振袖選びはその方の個性を輝かせるものを4

 

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

 

山兵、京都さろんで

「着物体験」をしてみませんか。

1 お茶をしながらお話を伺います。 着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で着られたいのかお話しを伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 試着、反物のままであっという間に着物スタイルに変身です。

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き
¥1,000

「体験プログラムをやってみたい」と思われる方は京都さろんへ来れそうな日を第一、第二希望をメッセージに書いてお申込みフォームを送信してくださいね。

 

お申込みはこちらから

 

 

山本由紀子

45,300 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。