宇治の桜祭りで買ってきたお茶碗にウキウキ☆早速お披露目しました。

京都さんぽ

「かわいい~~、これ欲しい!」宇治の桜祭りの陶器市で一番最初に購入を決めたのはこのお茶碗でした。

 

アクが強いので賛否両論あると思いますが、私は面白くて即買いしました。

 

いわゆる「The お抹茶茶碗」ではなく、ちょっと常識破りでも自分の気に入ったものストーリーが語れるものをさろんには起きたいと思っています。そういう気持ちになったのは「弘道館」での太田達さんが出してくださるお茶碗のバラエティーの楽しさから学んばせて頂いたかもしれません。

 

高台はこんな感じです。ご主人の作品です。アクが強いので賛否両論あると思いますが、私は面白くて即買いしました。

 

このタイプの茶碗は以前に多治見のさかずき美術館のギャラリーで開催されていた女性作家さんの特別展を見た時からずっと気になっていました。ちょうど同じような作風で彼女(お名前は忘れてしまいました)の絵柄はヨーロッパの景色とそこを歩く女の子が実に繊細に可愛らしく描かれていました。とても高くて手に入れるのは諦めましたがずーーっとそれが記憶の隅にありました。

 

「これ、どうやって焼いたんですか?」と林山窯の林さんに聞いてみました。「白い釉薬を塗った上を彫ってその上に色付けするんです」なるほど手間がかかるものなんだなあと思い一発で買ってしまいました。

 

 

こちらは奥様の作品です。

 

 

それぞれの個性が面白いです。

 

こんな細長いプレートのようなお皿も2枚ゲット!

 

一枚一枚柄が違っていて木目調のものを院長に選んできました。

 

早速、桜餅の食べくらべに使いました。桜餅を乗せてもカッコイイ!

 

まだ他にも楽しい器を買ってきましたが後はさろんでお抹茶をお点てしますのでその時に🎵

ぜひお茶しに来てくださいね。

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

山兵、京都さろんで

「着物体験」をしてみませんか。

1 お茶をしながらお話を伺います。 着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で着られたいのかお話しを伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 お好みと合えば試着していただきます。(反物のまま着物を着たスタイルに仕上げます)

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き
¥1,000

「体験プログラムをやってみたい」と思われる方は京都さろんへ来れそうな日を第一、第二希望をメッセージに書いてお申込みフォームを送信してくださいね。

 

 

 

山本由紀子

67,336 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。