草取りとクレーム処理の関係

由紀子の日々

「私は草取りは一生しない」小さい頃から草取りほど嫌いなことはありませんでした。

爪の先が真っ黒に汚れるのは許せませんでした。

草取りだけは誰が何と知ってもやらないと決めていました。

 

 

しかし、最も尊敬する友人に「神社参りとお墓まいりは毎日しなさい」と言われました。

私は好き嫌いを考えずにやり始めました。

時々サボることはあっても、11年以上続いています。

 

 

うちのお墓は3畳くらいあってその周りも入れるとかなり広いです。

裏山や近くの竹薮から木の葉はいっぱい落ちてきますし、草も生えます。

毎日行っていると当然気になるので、葉っぱを拾ったり草まで取るようになったのです。

我ながら、自分の変心ぶりに驚いています。

 

 

ところで、大分昔にまだお客様のお家へ訪問していた頃のお話です。

1月だったと思います。

暖かい日におじいちゃんおばあちゃんがお家の前の広い畑で草取りをしていらっしゃいました。

出会った誰とでもお話してくることにしていましたので、畑でお話を始めました。

 

 

おじいちゃんとおばあちゃんは1センチばかりの草を端からすっぺりと取っていらっしゃいました。

「こんな小さな草なんか放っておけばいいのに。大きくなってからとってもいいでしょ」

きっと私が心の中で思っていたのが通じたようでした。

 

「山本さん、こんな小さな草まで取ってる、って百姓根性と思っているやろ」おじいちゃんに私の心の内を図星で言い当てられ、どきっとしました。

 

 

「小さいうちに取っておいたら根が張る前やから、年寄りでも全部取れるんや。

大きくなってからやったら、かさ張るし運ぶにも大変やしなあ」

 

 

ずっとそんなことは忘れていましたが、自分がお墓の草取りをするようになって「百姓根性」の教えの正しさが身に沁みて分かりました。

 

1月の寒い頃、小さな草を取れば簡単に引けて根も残りません。

春になって生えてくることも圧倒的に少ないです。

「百姓根性」恐るべし!

 

 

これはクレーム処理でも同じだと思います。

早いうちに、事が小さいうちにケアしておけば何事もなく過ぎます。

 

草が大きくなるまで放っておいて花がさき、種が落ちればそこからまた芽が出ます。

クレームも放っておけばどんどん大きく広がっていきます。

 

 

大嫌いだった草取りも大切なことを教えてくれているんだなあと思うのです。

 

 

着物の本場、京都で見る、触れる、体験する、選ぶ、

きもの新作発表会

第43回 京裳苑

 

熟練した職人さんがきちんと作られた一生ものの着物や帯がたくさん見られます。いろいろな作風や、普段では見られないデザインや技術によって作られたものが心ゆくまで比べられ、本当にお似合いが見つかります。

 

6月4日(金)5日(土)6日(日)

どれか1日

京都、平安神宮前 みやこメッセ

着物や帯を製作していらっしゃる染屋さん、機屋さん、和装小物屋さんが20数社出品する大規模で本物に触れられる一年に一度の機会です。

それぞれの作風や色柄があります。それを一堂に比べ、着て見られる機会です。

昨年はコロナでやむおえず中止しましたが、年1回42回続いている伝統の展示会です。

京裳苑の会場はこんな感じです

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

何か一つ欲しいものがあったら「京裳苑」で選びたい放題☆「京裳苑」は着物好きにはたまらない1年に1度のお祭りです。

日本最大級の質と規模の展示会で選びたい放題!☆「京裳苑」(きょうしょうえん)にワクワク!

明日からいよいよ第42回京裳苑が始まります☆京裳苑の時の私たち

 

「とりあえず、見てみたい」という方は下の問合わせに書いて送信ください。

着物や京都のご案内などご相談は無料です。どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

山本由紀子

227,685 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。