「何故選んだのか」自分でその気持ちの動きをたどってみる

由紀子の日々

「相変わらずここだけはいっぱいだね」蓼科の麓の「傍(かたわら)」へお蕎麦を食べに行きました。この騒ぎで外食のお店は大変なのに、わざわざ行かないと行けない山の中のお店には行列ができていました。

多分、「傍」は「そば」とも読むので、蕎麦とかけたのだろうと思っていました。

久しぶりに行ったら隣の立っていた蔵もこのお店になっていて、看板が「野菜、そば」に変わっていました。

 

確かにお蕎麦は美味しいです。

 

 

返が普通に出汁(しょうゆ味)ともう一つがトマト味とキノコ味から選べます。

これだけ美味しい返ならば、あえてトマトもキノコもいらないと私は思うのですが、それも野菜をテーマにしているからこそのこだわりなのでしょうね。

お店をやる思い、経営理念をしっかり伝えたいのではないかと思いました。

 

天ぷらにしてある野菜はどれも大ぶりでガッツリ、元気な野菜を頂く感じがします。

 

のんびりした風景を見ながらほっこり、、、前に立ててあるバインダーに思いが綴られています。

 

地元を愛し、そこで無農薬で育てた野菜を提供したいという思いがしっかり伝わっていました。

お店はいっぱいあります。お店が発するメッセージに何かしら共感できる所を選んでいます。

この頃、「なんでそのお店を選んだのか」と自分に問うてみることにしています。

するとただ「食べたいもの」「美味しいお店」だけでは選ばず、意外な思考が見えたりします。

 

傍を選んだ時も「のんびりした景色を見たい」⇨「喧しい所じゃない方が良い」⇨「ナチュラルな雰囲気」⇨「今日は急いでないから多少待っても良い」もちろん美味しいものが食べられる、は必須ですが、そばでなくても良かったです。

 

自分の思考回路を一人で分析して、思わず笑っちゃいました。

 

俯瞰して自分を客として思考回路を見てみると面白いです。結構、当店のお客様もそんな取捨選択して選んで来てくださっているのかと思いました。

お客様の分析はいつもできるわけではありませんが、自分ならいつでもできますよね。

選ぶ時の「意外な行動の理由」が見えるかもしれません。

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

着物相談、承ります。

 

相談料は 3,000円/1時間 (税別)

純粋に一番良いと思う方法をいろいろご提案させていただく料金です。

他店やネットでお求めになっても一向に構いません。

 

まずは、「こんなことで困っています」「どうしたらいいでしょう」

お問い合わせに書いてください。

ある程度のことはメールでもご相談に乗れると思います。

メールによるご相談は無料です。

その上でお考えいただいても結構ですよ。

ご相談はこちらから

[関連記事]

「お母さんの着物が着たい」ご相談を承ります☆多方面に渡る知識と総合力でご提案します。

 

 

山本由紀子

132,660 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。