• HOME
  • ブログ
  • 着物
  • 親しさは接触頻度から☆武道家は着物が似合う!「着物体験」をしていただきました。

親しさは接触頻度から☆武道家は着物が似合う!「着物体験」をしていただきました。

着物

「ようやくお会いできました」さろんへ来てくださったのは大阪で「バーキース」を経営していらっしゃる山本照彦さんと美奈子さんご夫婦です。経営の勉強会「ワクワク系マーケティング実践会」でご一緒させていただいています。実はもっと前にお約束していたのですが、両方の都合が悪くなって3度目の正直です。

 

ただ,この時思ったのは都合が悪くなった時の対応です。キースさんはその時に「次はいつなら良い?」と都合が悪くなった時にすかさず決めていかれました。普通なら「またね」というのがほとんどです。こういう対応の仕方でご縁がつながっていくのだなと思いました。

 

キースさんとお会いするのはまだ2回目なんです。2月の実践会のパーティー「社長のアカデミー賞」のあくる日に有志が集まった「とんかつ二条」さんでお会いして以来です。

それでも親しみを感じるのは実践会の会報誌とSNSによる接触のおかげでしょうか。つくづくコミュニケーションの取り方についても考えてしまします。

以前のように顔を見て話すのは一番なんでしょうけど、接触頻度というものの影響が大きいのですね。

 

お客様とのコミュニケーションのあり方も考えるべきなんでしょうね。

 

 

ところでキースさんにはお会いしていますが「マダム」と呼ばれている奥様がどんな方かお会いしてみたいと思っていました。マダムというとかの有名な「マダムシンコ」などの豹柄をまとった勇ましい大阪のおばちゃんが浮かんでしまいます(笑)キースさんのイメージからすると可愛らしい人なんだけどな〜と勝手に思いを巡らしていました。

 

果たしてマダムはとっても素敵な方でした。

 

会報誌でお店でつけている名札に「洗濯機が壊れました」と書いてお客様との距離を縮めたり、キースさんがいない日に普通であれば休業せざるおえないのにマダムが「ガールズバー」をやっちゃって賑わったとか。話題の多いお二人です。おしゃべりしていても愉しくて暗くなってしまいました。

 

最後に素敵なお二人に「着物体験」をしていただきました。

 

キースさん、初めての着物にちょっと緊張気味ですね^^

 

キースさんが着ていらっしゃるのは西陣お召の着物とお羽織です。武道をやっていらっしゃるだけあって、洋服の上からでしたが着物が吸い付くようにお似合いでした。

 

「いいですね〜〜!」「もっと苦しいと思っていましたが全然そんなことないですね」「丹田がきちっとして気持ちいいです!」

 

 

武道をやっている方は初めて着物を着られても本当に似合われます。帯を占める位置も同じなので身体感覚で分かっていらっしゃいます。

 

武道をやっていらっしゃる方、過去にやっていらっしゃった方、着物が似合いますよ〜。オススメです!着てみてくださいね。

 

 

 

マダムに着ていただいたのは藤娘きぬたやの杢目絞りです。イメージ通り柔らかい色がお似合いです。可愛らしいですよね〜。

 

とっても素敵な1日でした🎵

マダムのステキな字にほれぼれ♡ ありがとうございました。

 

[関連記事]

祇園セミナーの後の着物体験☆着物を着ると身体に軸ができます。

「山兵さろん」で着物体験しませんか☆「山兵さろん」は本物の着物と出会う場です。

訪問着とかじゃなくて自分が楽しくなっていつも着たいと思える着物が着たい!女性の着物体験

 

 

 

山兵、京都さろんで

「着物体験」をしてみませんか。

 

1 お茶をしながらお話を伺います。 着物ってその方の雰囲気で着るものです。どのような方で生活の中でどのようなシーン(場面)で着られたいのかお話しを伺います。

2 実際にお似合いになりそうなものをご提案します。

3 試着、反物のままであっという間に着物スタイルに変身です。

4 着物の写真を撮ってその場でスマホ等に差し上げます。

着物着装体験と写真撮影して写真プレゼント、サロンでお茶とお菓子付き
¥1,000

「体験プログラムをやってみたい」と思われる方は京都さろんへ来れそうな日を第一、第二希望をメッセージに書いてお申込みフォームを送信してくださいね。

 

お申込みはこちらから

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

 

 

 

 

山本由紀子

68,338 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。