「麒麟がくる」の舞台、岐阜県へ☆戦乱の時代は女性の着物も短く着ていた。

きもの豆知識

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の視聴率が好調なようです。岐阜県が舞台になっています。

見ていらっしゃいますか?

JRの駅、どこにでも明智光秀ゆかりの地のキャンペーンのパンフレットが置かれています。

 

ところで、この頃はもちろん着物を着ていたわけですが、今の着物とはちょっと違うのに気付かれてましたか?

 

男性の着物と同じようにおはしょりがなく、前を打ち合わせるだけで着ています。

帯も今の男性の角帯のように細いです。

要するに男性も女性も同じスタイリングなのです。

 

おはしょりのある今の着物であれば、下に垂れるくらいの長さがあるのですが、この時代だけ短いです。この時代は辻が花染や絞りの技術で染められています。まだ友禅染はなかった時代です。京都経済センターオープニングの時代衣装展より

 

その頃の着物を忠実に再現されたものですが、衣桁(着物をかける)に掛けてあっても短いですね。

きっと戦乱の時代は動きやすい衣服でないといけなかったのでしょう。

 

女性がお引きずりで優雅に着物を着ていられた時代は平和の証なのですね。

 

明智光秀ゆかりの地がずらり!

 

矢印が山本呉服店の場所です。近いです。ついでに寄ってくださいね、

 

今年一年、岐阜は話題になりそうです。

騒ぎが収まったら、岐阜、山本呉服店へもお寄りくださいね。

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

着物まわりの雑学にも詳しくなります。

自分で着物を着られたら嬉しい〜🎵

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

 

最大限  2名までの個人レッスンです。

 

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

なぜ?から学ぶ着方教室

       6回 18,000円

*ご都合の良い日をお申し込みください。

上記以外でもお受けできる場合がありますので問い合わせフォームに書き込んでください。

この後も個人の進行具合に合わせてお稽古できます。

ご都合の良い日を打ち合わせて決めまさせていただきますのでお申し込みフォームに書き込んで送信してくださいね。

 

 お問合せは こちらから 

 

申し込みはこちらから

 

[関連記事]

経営も着付けも目標達成は出来た姿から逆算☆ジタバタ京都、1年半 9

GOOD JOBな1日☆「着物を着るのは思ったより簡単でした」1日着付け教室

「着付け教室」でなく「きもの塾」な理由☆ごとうゆうこ、初めての着物に出会う17

きものの着方は色々!ストレスなしに長く着ていられる着方☆普通の「着付け教室」とは違う理由

着物の着付けってみんな違います!体を締め付けないのに着崩れしない着方

「着物って走れるんですね」意外な気付きに感動!☆たった一回の着付けで「着物は苦しい」と思ってほしくない!の思い。池田さま4

 

山本由紀子

133,462 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。