書き初めを書き換えます「今年の一文字」☆今年にかける思い

由紀子の日々

「書き初めを書き換えよう」毎年、テーマとなる一字を決めて書き初めをしています。

今年はなりたい未来を描き、そこからの発想で今何をすべきかを決めていこうと「ぶっ飛ぶ」➡︎「飛」にしました。

でも今朝、建築家の安藤忠雄さんのドキュメントを見ていて「熱」に変えることに決めました。

 

言わずと知れた安藤忠雄さんは世界的な建築家です。78歳には見えないパワー、自分の使命に対してまっすぐに活動されていました。世界的な地位を確立されているのだから自分の考えは全て通るのかと思っていましたが、「僕は英語が喋れないからいいんだよ。相手が文句を言っていても分からないから自分の意見を通してしまえる」と笑っていらっしゃいました。頑固なフランス人(失礼)もタジタジでした。

 

自分の信念がしっかりしているからに他なりません。

 

 

話は変わりますが母がデザイナー、コシノヒロコさんと話した時の話を思い出しました。

ずっと以前にヒロコさんが神戸の自宅の設計を友達である安藤忠雄さんに依頼されました。全てお任せだったそうですが、出来上がったお家は土山の中に埋もれた安藤さん独特のデザイン「自然と一体になる家」でした。デザインとしては今も写真集に掲載される素敵な家なのですが、ヒロコさん曰く「あーーんな家、住んでられないわ! 暗いし、寒いし、湿気るし、人間の住むところじゃない!」ご自身はマンション(ご自分でデザインされたそうですが)に住んでいらっしゃる安藤さんに「自分だけ暖かい家に住んで!」と大変な剣幕だったそうです。

結局2年ほどでその隣に一般的な(?)家を建てられ、安藤さんがデザインされた家はギャラリーにされました。

 

「建築家って自分の主張しかないんだな」お客様の視点でどうしたら喜んでもらえるかばかりを考えている商人である私とは真逆の考え方が理解できませんでした。

 

今年3月に大阪、中之島にオープンする安藤さんデザインの「こども本の森、中之島」に政界、学会、経済界、、の幅広いお付き合いの名だたる方が来られていました。それは安藤さんの「未来の子供達を本で育てる」という熱き思いに共感して集まられたのだと思いました。

仕事とは、自分が生かされている使命感の元に自分の理念や信念をどう伝えて、共感する人と実現させていくかだと思いました。

 

それには自分の思いを伝えなければいけません。

 

 

昨年、期せずして2人の友人から言われました。

「ゆっこさんは喋って思いを伝える人ですね」「喋っている時はすごいな~と思ったけど、紙にしたら30パーセントも伝わってこない」

きっと喋っている時の私は夢中になって思いを伝えようとしているのでしょう。

一方、紙やブログで伝えようと思うと伝わっていないのを自覚しました。

 

安藤さんのように信念を持って言い切るのエネルギー、熱量の問題なのではないか?

エネルギーを伝える!どんな時もそれを忘れずに熱量を持ってやっていきたいと思います。

 

昨年までは自分の時間の消費で「やってる感」で満足していましたが、むしろ余白を持ってその分、熱量をあげてメリハリをつけていこうと思います。

 

今年の一文字は「熱」です。

 

 

「たった1年で、新人をプロに育てる秘法」を学ぼう

和の知恵を活かす、体験型セミナー

 

■ 1月25日(土) 

■ 祇園、味ふくしま 

■ 日程  11:15  南座前集合

      11:30  「まずは、体験しましょう」

             舞妓さんとお話ししながら京会席(ミシュラン☆)お食事

          14:00  祇園散策 舞妓さん御用達店や長く続く名店をご案内します

                  14:30  移動

                  15:00  山兵さろんでセミナー、皆さんで感じたことをシェア

      17:00  解散 (四条烏丸)

■ 会費         38,000(税別)

■ 募集人数       最大 6名さま 

■ 主催  山兵さろん(山本呉服店、京都店)京都市中京区観音堂町451 

 

     お問合せは こちらから 

 

申し込みはこちらから

[関連記事]

はじめまして、NIPPON 〜日本文化であそぼ〜☆ゆうこさんと日本の伝統文化の体験セミナーをはじめます

今更ですが、、初めまして「ごとうゆうこさん」46☆ドラッカー学会と優子さん

京都、花街「一見さん、お断り」の本当の意味☆長いお付き合いをするために続いてきた信用取引1

「一見さんお断り」京都で今も続く人と人の強い結びつき☆祇園というコミュニティー2

「一見さんお断り」京都で今も続く人と人の強い結びつき☆祇園というコミュニティー2

信用取引だからこそ「一見さんお断り」☆花街が長く続いている理由3

祇園の八朔(はっさく)って知っていますか?☆花街が長く続いている理由4

「一見さんお断り」に見る350年続く会員制ビジネス、セミナーを開催しました☆舞妓さんのおもてなし術 

山本由紀子

122,562 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。