• HOME
  • ブログ
  • 着物
  • 着物は左右どちらが上か迷いますか?☆日本文化は何でも「左が上位」の理由

着物は左右どちらが上か迷いますか?☆日本文化は何でも「左が上位」の理由

着物

「左が前か右が前か、着る度に迷うみたいです」きもの塾に来てくださっているTさまのお嬢さまが、大学の授業で着付けを習われていますが、友達といつもどちらが前だったか揉めるそうです。

そんな時

「日本の文化は左が上位」と覚えておくと間違いありません。

 

それはどういう意味があるのでしょう?

日本で歴史的に最も権威があるのは天皇陛下です。

 

その偉い方はどちらを向いて座られるか?もちろん南向き、太陽が盛んに照る方角です。

 

農耕民族の日本人にとって太陽の恵みはとても大切なものです。

大嘗祭や即位の礼で着られた天皇陛下の衣装はまさに太陽が南中した時の色「黄櫨染(こうろぜん)」を、皇太子は太陽が昇る時の色「黄丹(おうに)」をお召しになります。そしてこの2色は永遠に天皇、皇太子以外にはも着れない絶対禁色(ぜったいきんじき)となっています。

詳しい記事はこちらです。

即位の礼の「有職着物(ゆうそく)」☆天皇陛下だけの禁色「黄櫨染(こうろぜん)」

 

南向きに座られた天皇陛下の「左」陽は東から昇り、「右」西へ沈みます。

なので東の方が上位になるのです。

 

 

でも「左近の桜」は右じゃない?

地図で見ても「左京区」が右で「右京区」が左にあるでしょ?

それは私たちの方から天皇陛下を見るからです。

あくまでも、天皇陛下中心です。

 

 

天皇陛下側から見れば、「左近の桜」も「左京区」もちゃんと左に有るのです。

同じように、

着物は左手が前です。それは男女ともに変わりません。

 

そんなところに「洋服は男女反対にするから」なんて持ち出さないでくださいね。

日本には日本の伝統があります。

どの国よりも素晴らしい文化が育まれ、続いてきたことを誇りにしたいものです。

 

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

着物まわりの雑学にも詳しくなります。

自分で着物を着られたら嬉しい〜🎵

*山兵、京都 着物を自分で着よう「きもの塾」募集!

 

最大限  2名までの個人レッスンです。

 

持ち物  自分で着られるようになったら着たい着物、長襦袢、半幅帯、

着付け用小物(足袋、肌着、衿芯、コーリンベルト、コーリン結び、腰紐1本、伊達締め、前板)

1回目は着物を着る前に着物の特徴や着方の説明などをします。

その時に持ち物を見せていただいてから始めますのでご相談ください。

なぜ?から学ぶ着方教室

       6回 18,000円

*ご都合の良い日をお申し込みください。

上記以外でもお受けできる場合がありますので問い合わせフォームに書き込んでください。

この後も個人の進行具合に合わせてお稽古できます。

ご都合の良い日を打ち合わせて決めまさせていただきますのでお申し込みフォームに書き込んで送信してくださいね。

 

 お問合せは こちらから 

 

申し込みはこちらから

 

[関連記事]

経営も着付けも目標達成は出来た姿から逆算☆ジタバタ京都、1年半 9

GOOD JOBな1日☆「着物を着るのは思ったより簡単でした」1日着付け教室

「着付け教室」でなく「きもの塾」な理由☆ごとうゆうこ、初めての着物に出会う17

きものの着方は色々!ストレスなしに長く着ていられる着方☆普通の「着付け教室」とは違う理由

着物の着付けってみんな違います!体を締め付けないのに着崩れしない着方

「着物って走れるんですね」意外な気付きに感動!☆たった一回の着付けで「着物は苦しい」と思ってほしくない!の思い。池田さま4

 

 

山本由紀子

84,126 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。