人との出会いが人生を豊かにする☆商いの勉強会「ワクワク系マーケティング実践会」

由紀子の日々

「この空気はなんなんですか!他では遭遇したことのないエネルギーですね」ゲストで来てくださった中央官庁のお役人さん、新聞社や雑誌社の方、大学の教授、著名な作家さんが口々のそうおっしゃいました。

 

服装は正装または盛装、カオナシさんから金のナゲットをいただきました。パーティーならではの楽しみです♡

 

 

昨夜は商売と人生の行き方を学ぶ勉強会、ワクワク系マーケティング実践会の一年に一回のパーティー「社長のアカデミー賞」に青山のブルーノートへ行ってきました。

今年は創設20周年記念の特別な年です。

山本呉服店もこの勉強会にもう12年お世話になっています。

 

 

脳科学者であり、情報工学の博士でもある小阪裕司先生は

全ては人の行動が引き起こす結果である、

仕事は愉しむ、

 

を提唱されています。

 

 

小阪先生は考え方は教えてくださるけど「自分でやれ!」

とても優しい方ですが、手取り足取りは絶対にしてくださらない。

なので、自分で考える癖がつきます。

 

もともと自分のお客様を見つめて喜んでいただけることを考えるのに人任せ、コンサル任せじゃダメでしょ。

それに慣らされた(笑)人たちの集まりなので、すごく熱いです。

話していても笑顔があふれ、とにかく熱いです。

 

同じ考え方の素敵な人たちとお友達になれ、語り合えるのが、何よりの宝物です!

 

友達と熱く語りながら、エネルギーをいっぱいに充電できました。

 

 

20周年記念で、とりわけ仲間の学びに貢献してくださった先輩の表彰もありました。

先輩たちが自店での考え方と取り組みを報告してくださった事例があったからこそ、それを自分の店でどうすればいいんだろうと考えるきっかけになりました。

 

 

実践会での素敵な友達との出会い、

喜んでくださるお客様との出会い、

素晴らしい人との出会いは商売をしているからこそです。

「商いって、なんて素晴らしいんだろう!」先輩たちの涙に震えました!

 

 

老舗料亭でも気後れしません!

マナーも身につきます。

 

「一見さん、お断り」350年続く会員ビジネスの秘密を学ぼう

 

 

■ 4月23日  木曜日

■ 山兵さろん  12時集合  お昼は済ませてお集まりください。

12:15~14:30  花街セミナー

「たった1年でおもてなしのプロ、舞妓さんを育てる人材教育」  「都をどりの見どころを解説」

15:00~15:30    南座へ移動

16:30~   都をどり、鑑賞

18:00~   鈴乃ちゃんとお食事会

20:30    終了

■ 募集人数     5名さま 限定

都をどりのチケット手配と観光シーズンで料理屋さんへ入れる人数の上限です。

早期にお申し込みいただいた方を優先で満席になり次第締め切りとさせていただきます。

■ 会費   55,000 (税抜)

今回は、ディナーセミナーになりますので予定が変わります。

* セミナー終了後、オプションでお茶屋さんのバーへご案内します。

 

祇園情緒あふれる隠れ家の素敵なバーでアフターセミナーの創発をいたしましょう。お席に限りがありますので、セミナーお申し込み時に「オプション希望」と書いてください。

 

 

申し込みはこちらから

 

 

ブログの読者登録、こちらからできます。

 

[関連記事]

舞妓さんの三大用語は人間関係を良くする「魔法の言葉」☆感動の花街セミナー3

「また来たい」と思うことで仕事が頑張れます。☆感動の花街セミナー2

百聞は一見に如かず「舞妓さんを見てみたい」感動の花街セミナー1

はじめまして、NIPPON 〜日本文化であそぼ〜☆ゆうこさんと日本の伝統文化の体験セミナーをはじめます

今更ですが、、初めまして「ごとうゆうこさん」46☆ドラッカー学会と優子さん

京都、花街「一見さん、お断り」の本当の意味☆長いお付き合いをするために続いてきた信用取引1

「一見さんお断り」京都で今も続く人と人の強い結びつき☆祇園というコミュニティー2

信用取引だからこそ「一見さんお断り」☆花街が長く続いている理由3

祇園の八朔(はっさく)って知っていますか?☆花街が長く続いている理由4

「一見さんお断り」に見る350年続く会員制ビジネス、セミナーを開催しました☆舞妓さんのおもてなし術 

山本由紀子

136,473 views

明治創業、岐阜の山本呉服店に生まれ着物に囲まれて育つ。大学時代を京都の親戚で過ごし金沢の呉服屋さんで勤め山本呉服店入社、代表取締役。雑誌商業界などで「売らず...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。